楽天ペイはSMS認証ができないと利用できないのでしょうか。

また格安スマホで楽天ペイを利用する際に何を気を付ければいいのでしょうか。

記事は下に続きます。

楽天ペイを利用できるスマホの条件

支払いの際に利用する楽天ペイアプリでは、安全に利用するためSMS認証が利用開始の際に必須となります。

つまり、SMS認証ができないと楽天ペイは利用することができません

まとめ

楽天ペイを利用するにはSMS認証が必須です

SMS認証とは

そもそもSMS認証とはなんでしょうか。

SMS認証とは、その名の通りSMS(ショートメール)を利用して本人確認することができる方法のことを言います。

メールアドレスではなく、自分の携帯電話番号宛にパスワードやパスコードなどの短いメッセージが送られてきます。

送られてきたメッセージに記載されたパスワードやパスコードを、ログインしたいアプリやサイトに入力することでログインや本人確認が可能となる仕組みになっています。

携帯電話を購入する際には、必ず健康保険証や運転免許証、パスポートなどの本人確認書類が必要となるため、携帯電話の電話番号は個人を特定することができるという効力も持っています。

さらに、メールアドレスと違い携帯電話番号は頻繁に変えることがありません。

そのため偽装することも難しいとされており、SMS認証を導入しているところが増えてきています。

SMS認証とは
  • SMS(ショートメール)を利用して本人確認する方法です
  • 携帯電話の番号で個人を特定する効力があります
  • 偽装が難しいのでSMS認証を導入しているケースが増えています

格安スマホでの注意点

便利で使いやすい楽天ペイは、docomo、au、SoftBank以外の格安スマホでも利用することができます。

ただし、SMSに対応していることは必須です。

さらに、QRコード決済なのでおサイフケータイ機能「Felica」がなくても利用することができます。

このように基本的にどんなスマホでも使えることができる楽天ペイですが、いくつか注意しなければいけない点があります。

ここからは、格安スマホで使用する際の注意点について詳しく説明していきます。

楽天ペイは、おサイフケータイ機能がなくても支払うことができる決済方法です。

そのため、simフリー携帯でも通常の携帯電話での決済方法と同じ方法でお買い物することができます。

格安スマホには、おサイフケータイがついていない機種がほとんどですのでおサイフケータイ機能がついていなくても利用できるのは非常に大きなポイントといえます。

さらにクレジットカードとひもづけると、楽天ポイントに合わせてクレジットカードのポイントを貯めることができます。

二重にポイントがもらえるので大変お得ですね。

しかし、セキュリティの面では注意点があります。

楽天ペイは格安スマホでも問題なく使えるように、どんな携帯電話でも利用できるのが大きな特徴です。

使いやすいがゆえに、支払いのために表示するバーコード画面はパスコードの入力をしなくても表示することができます。

つまり、パスコードなどを入力せずともお金が払える状態であるということです。

紛失した際や悪い第三者に割った時には、悪用されてしまう可能性も高くなります。

気軽に使用できるため、紛失などには充分注意しましょう。

格安スマホでの注意点
  • 格安スマホでもSMSに対応していれば楽天ペイは利用できます
  • 格安スマホでもそうでないスマホでもセキュリティの面は注意が必要です

SMS認証時のエラーと対処

とても便利なSMS認証ですが、エラーが出て認証できないケースもあります。

ここでは、SMS認証を利用した際に起こりうるいくつかのエラーについて紹介しています。

SMS認証時にはどのようなエラーが考えられるのか、そしてエラー表示が出てきてしまった時はどのような対処方法があるのか説明していきます。

実際にエラー画面が出てきても、焦らず冷静に対応していきましょう。

SMSが届かない場合

SMSが届かない場合は以下が考えられます。

SMSはショートメッセージですので、当然のごとく電波のあるところでしか受信することができません。

機内モードはもちろん、Wi-Fi環境が整っているところでさえも電波が弱いところだとSMSは届きません。

契約している携帯電話会社の設定で、海外からのSMSが受信できない状態になっている時もSMSを受信することができません。

対処方法として、自身の携帯電話が電波をきちんと受信できる状態になっているかどうかを確認してみましょう。

電波の届きやすそうなところに移動するのもひとつです。

電話番号を間違えて入力した場合

SMSは自身の電話番号を宛先としてパスコードなどのメッセージを送ってきます。

そのため自身の電話番号を間違えて入力してしまった場合にも、SMSは届きません。

間違えて入力してしまった場合は、楽天ペイアプリの電話番号を入力したあとに表示される画面から、再入力を行うことができます。

画面に表示されている「SMSが届かない場合、こちらから再送信を行えます」という表記の「こちら」というところをタップします。

タップすると前画面に戻ることができるので、そこからもう一度電話番号を入力することが可能です。

「認証の受付を停止しました」と表示される場合

電話番号や、SMSで届いた認証番号の入力を何度も間違えてしまうと、「認証の受付を停止しました」というメッセージが出てきます。

SMS認証の入力には、入力制限回数が決まっているため、一時的に認証が停止されている状態といえます。

認証が停止された際は開いていた楽天ペイアプリを一度終了し、一定時間が経過したあとに再度開いて試してみましょう。

入力制限回数や認証が停止している期間については、セキュリティの都合上公開されていません。

正しい認証番号を入力しているはずなのにエラーになる場合

SMSから届いた正しい認証番号を入力しているはずなのに、なぜかエラーになる場合は認証番号自体の入力期限が過ぎている可能性があります。

正しい認証番号を入力しているのにエラーになる時は、もう一度電話番号を入力しSMSをもう一度受け取りましょう。

新しい認証番号が送られてくるので、その数字を入力すれば認証されます。SMSの認証番号には期限があるため、SMSで認証番号が送られてきたら時間をあけずにできるだけ素早く入力することをオススメします。

電話番号を入力したときにエラーになる場合

ごく稀にですが、入力に謝りもなく日本国内の携帯電話番号を使用しているにも関わらずエラーが表示されることがあります。

その際は楽天ペイのカスタマーデスクに連絡することをオススメします。

→楽天ペイカスタマーデスクの電話番号はこちら

まとめ

この記事の内容をまとめました。

  • 楽天ペイを利用するにはSMS認証が必須です
  • SMS認証とは
    • SMS(ショートメール)を利用して本人確認する方法です
    • 携帯電話の番号で個人を特定する効力があります
    • 偽装が難しいのでSMS認証を導入しているケースが増えています
  • SMS認証時のエラーと対処
    • SMSが届かない場合
      電波や機内モードになっていないか、SMS受信設定を確認しましょう
    • 電話番号を間違えた
      正しい番号を再入力しましょう
    • 「認証の受付を停止しました」と表示される
      一定時間が経過してから再度試しましょう
    • 正しい認証番号を入力してもエラーになる
      もう一度試してみましょう
    • どうしてもエラーになる
      楽天ペイのカスタマーデスクに問い合わせましょう
  • 格安スマホでもSMSに対応していれば楽天ペイは利用できます
  • 格安スマホでもそうでないスマホでもセキュリティの面は注意が必要です

エラーはすぐに解決して利用を開始したいですよね。

慌てずに記事内の対処を試みて、それでも解決しない場合は悩まずにカスタマーデスクに問い合わせて助けてもらいましょう。