数あるバーコード決済サービスの中でも利用出来る実店舗が多く、毎日のようにキャンペーンが開催されている楽天ペイは非常に使い勝手の良いサービスです。

単純なバーコード決済サービスとしてだけではなく、楽天ポイントを支払いに利用出来ることも楽天ペイが多くのユーザーから支持を受けている理由の一つです。

楽天ペイを利用していて、一つのアカウントを複数の端末で使いまわしたり、いくつかの楽天ペイアカウントを量産したいと考えたことのある方もいるでしょう。

果たして楽天ペイはアカウントを量産したり、複数の端末で利用することは可能なのでしょうか?

記事は下に続きます。

楽天ペイの量産・複数利用を行うこと自体は難しくない

結論から言ってしまうと、楽天ペイを量産したり複数利用すること自体は非常に簡単です。

楽天ペイは楽天アカウントを紐付けしクレジットカード登録を行うことで利用可能となるバーコード決済サービスです。

その為、複数の楽天アカウントとクレジットカードを持っているのであれば、それぞれのアカウント情報を楽天ペイに紐付けすることで簡単にアカウントの量産を行うことが可能です。

ただし、同じスマートフォンやタブレット端末で量産したアカウントを使い分ける為には、一度ログアウトしてから他のアカウントでログインする必要があります。

楽天ペイを複数端末で利用する場合はさらに簡単です。

単純に普段利用しているスマートフォンやタブレットと異なる端末から利用する場合には、その端末から楽天ペイへログインするだけですぐに楽天ペイが利用出来るようになります。

ただし、普段から利用しているスマートフォンやタブレットではすぐにログイン可能となるペアリング設定が出来るのに対して、普段使いしていない端末であるとペアリング設定を行うことが出来ません。

その為、楽天ペイを利用する度にIDやパスワードを入力してのログインを行う必要が生じます。

また、異なる端末を利用したとしてもあくまで同一アカウントである為、同じキャンペーンのポイントを二回分以上取得することも出来ません。

楽天ペイの量産・複数利用を行うこと自体は難しくない
  • 楽天ペイの量産は可能
  • 複数の楽天アカウントとクレジットカードがあれば可能
  • 複数端末で楽天ペイを利用するのも可能
  • 利用の度にIDとパスワードを入力する必要がある
  • 端末の数の回数キャンペーンが利用できるわけではない

    楽天ペイの量産は規約で禁止されている

    楽天ペイを量産することや複数利用すること自体は決して難しいことではありませんが、それが楽天ペイの規約で許されているというわけではありません

    むしろ、楽天ペイでは明確に一人のユーザーによる複数アカウントの作成が禁じられています。

    楽天ペイと楽天の両方の規約において、複数アカウントの作成は禁止事項と明示されています。

    複数アカウントの作成は不正アクセスや第三者のアカウントを利用した場合と同じレベルの悪質な行為とみなされます。

    複数アカウントを作成すると楽天ペイアカウントの停止はおろか楽天からの強制退会等の厳しい措置が取られることとなります。

    その為、どのような事情があるにしても楽天ペイや楽天のアカウントの量産はするべきではないでしょう。

    楽天ペイの量産が明確に禁じられていることに対して、楽天ペイの複数端末での利用は規約でも一切規制は行われていません

    ただし、楽天ペイを複数端末で利用する場合には一つ大きな落とし穴があります。

    楽天ペイを複数端末で利用する場合には不正利用を避ける為に、他端末での初回ログイン時には初期登録の際に入力したメールアドレスや電話番号を利用してのセキュリティ認証を行う必要があります。

    つまり、最初の登録時に使用したスマートフォンやタブレットがなければセキュリティ認証が行えず、他端末からのログインが行えないことを意味しています。

    初回登録時に利用したスマートフォンやタブレットが手元にない場合はログインが行えませんし、端末の紛失時に他の端末から急遽ログインをするということも出来ません。

    加えて認証に成功したとしても、楽天ペイ側からすると常に複数端末で楽天ペイが利用される状況となる為、アカウントの監視が通常よりも厳しくなります。

    複数端末で利用出来るからと複数人で一つのアカウントを使い回した場合、利用停止措置等を受けてしまう可能性がある為、注意をする必要があります。

    楽天ペイの量産は規約で禁止されている
    • 楽天ペイでは複数アカウントの作成が禁止されています
    • 楽天ペイの複数端末利用は規約違反ではありません
    • セキュリティの関係上、複数端末での利用は好ましくありません

    それでも楽天ペイを量産したいなら方法はある?

    楽天ペイの量産が規約で禁止されており、アカウント停止や強制退会等の措置が取られる可能性があることはお判りいただけたかと思います。

    それでも楽天ペイを量産したいという時、規約に制限されることなく楽天ペイを量産する方法が一つだけあります。

    それは家族等の第三者に依頼して楽天ペイのアカウントを作成して貰い、そのアカウントを本人の了承を得て本人の端末で利用させて貰うことです。

    楽天ペイでは第三者のアカウントの利用も禁じられていますが、第三者自身に依頼して許可を貰いアカウントを作成・利用して貰う事自体には問題はありません。

    その為、兄弟姉妹や両親、配偶者がいるのであればその方に依頼をして楽天ペイのアカウントを作成して貰うようにしましょう。

    もちろん自分自身の端末でログインを行ったりすれば規約違反に当たります。

    本人の許可を得ずに利用した場合も不正アクセスとして措置を受けることになる為、本人からの許可を得ることや本人に利用して貰う事は忘れないようにしてください。

    この方法を使えば、自分が依頼出来る相手の人数分までであればアカウントを作ることが可能となります。

    ただし、家族間であっても同じクレジットカードを違う楽天ペイアカウントに紐付けすることは出来ません。

    利用するユーザー本人のクレジットカードが必要となる為、家族がクレジットカードを持っていないのであれば新しくクレジットカードを発行して貰うか、自分が利用しているクレジットカードで家族カードを作るようにしましょう。

    楽天ペイはユーザーが規約を守っているからこそ安全が保たれているバーコード決済サービスです。

    アカウントを量産したい、複数利用したいと思った時も、まずは規約違反にならないかをしっかりと考えた上で行うようにしましょう。

    それでも楽天ペイを量産したいなら方法はある?
    • 家族など第三者に依頼してアカウントを利用させてもらえば楽天ペイを複数利用できます
    • 自分自身の端末でログインをしたら規約違反になりますので、本人の端末でログインしましょう
    • クレジットカードも本人ののみ利用できます
    • 規約違反にならないように気を付けましょう

    まとめ

    楽天ペイの量産と複数利用に関してまとめます。

    • 楽天ペイの量産は可能
    • 複数の楽天アカウントとクレジットカードがあれば可能
    • 複数端末で楽天ペイを利用するのも可能
    • 利用の度にIDとパスワードを入力する必要がある
    • 端末の数の回数キャンペーンが利用できるわけではない
    • 楽天ペイでは複数アカウントの作成が禁止されています
    • 楽天ペイの複数端末利用は規約違反ではありません
    • セキュリティの関係上、複数端末での利用は好ましくありません
    • 家族など第三者に依頼してアカウントを利用させてもらえば楽天ペイを複数利用できます
    • 自分自身の端末でログインをしたら規約違反になりますので、本人の端末でログインしましょう
    • クレジットカードも本人ののみ利用できます
    • 規約違反にならないように気を付けましょう

    楽天の利用ができなくなると、今後の生活に支障が出る可能性が高いです。

    規約は必ず厳守し、規約の範囲内での利用をしましょう。