大規模なキャシュバックバックキャンペーンを実施したことで一躍有名になったPayPayですが、キャンペーン期間中にクレジットカードの不正利用が相次いで起きてしまったことで悪い意味でも有名となってしまいました。

具体的にPayPayではどのようなトラブルが生じたのか、自分がトラブルに巻き込まれてしまった場合には具体的にどのような行動をとれば良いのか、トラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐためにどのような事をすればよいのか等を詳しく解説していきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

ペイペイで発生しているクレジットカードのトラブル一覧

PayPayではうまく決済ができない、入会キャンペーンの特典ポイントが付与されない等のトラブルが度々生じていましたが、その中でも最も大きなトラブルとして世間を賑わせたのがクレジットカードの不正利用に関するトラブルです。

PayPayでは2018年12月に利用者に総額で100億円を還元するキャンペーンを実施したのですが、この時にクレジットカードの不正利用トラブルが相次いで発生したのです。

このクレジットカードの不正利用トラブルではPayPayを利用している人だけでなく、PayPayを利用していない人・PayPayは初耳だという人も被害にあってしまったことでも話題となりました。

PayPayの公式アナウンスによるとクレジットカード情報はPayPayのネットワークから流出したのではなく、過去に流出したクレジットカード情報が悪用された、とされています。

スキミングなどで不正にクレジットカード情報を入手し、その情報を一定期間寝かせておき大規模なキャンペーンに乗じして悪徳業者がフル活用したとの味方が最有力となっており、カード1枚あたりの被害額は数千円~数万円、人によっては80万円以上となったケースも報告されています。

ペイペイで発生しているクレジットカードのトラブル一覧
  • クレジットカードの不正利用に関するトラブルが多発しました
  • ペイペイを利用していない人も被害に遭いました
  • ペイペイが原因でなく、過去に流出したクレジットカードの情報が悪用されたのが原因です
  • 被害額は80万円以上になったケースもあります
スポンサーリンク

身に覚えのない請求があるときの対処法

利用明細を確認したところ身に覚えのない請求が計上されている場合やPayPayを利用していないのにPayPayから決済連絡などが届いた場合にやることはカード会社に連絡を取り、直ちにカードの不正利用の連絡・利用停止手続きを取ることが重要です。

カード会社の規定や利用しているカードの種類などによって補償内容は異なりますが、カードの不正利用がはっきりしている場合、被害額はカード会社が補償してくれるので心配する必要はありません。

なお自分自身がPayPayを利用しているかどうかで具体的な対処方法は異なります。

PayPayを利用しているかどうかのケースで別でより詳しく対処方法を解説していきます。

PayPayを利用している場合

まずはPayPayのアプリを起動して利用履歴を確認します。

アプリのメニューから「レシート」を選択することで各取引内容や決済情報の確認ができるので身に覚えのない取引が「レシート」の情報内に表示されていないかを確認します。

もしもレシートを見ても疑問が解決しなかった場合には、直ちにPayPayとカード会社に連絡を入れ、不正利用の有無を確認してもらい補償を受ける流れとなります。

なお、PayPayではシステムエラーなどで二重決済が生じていることも報告されています。

同一時刻に同一店舗で同一金額の決済がされている場合、カードの不正利用ではなくシステムエラーによる二重決済がされている可能性が高いので、PayPayの運営に問い合わせを行い確認をしてもらった上で返金手続きを取りましょう。

PayPayを利用していない場合

PayPayを利用していないのにもかかわらずPayPay経由で買い物をしたとの連絡・情報がある場合高確率で不正利用がされています。

速やかにカード会社に連絡をしましょう

身に覚えのない請求があるときの対処法
  • カード会社に連絡を取り、直ちにカードの不正利用の手続きをしましょう
  • ペイペイを利用している場合
    • ペイペイアプリの利用履歴を確認します
    • ペイペイに問い合わせを行い、不正利用を確認してもらい返金手続きをします
  • ペイペイを利用していない場合
    • 速やかにカード会社に連絡を取りましょう

→不正利用に関するペイペイ公式サイトのページはこちらです

スポンサーリンク

今後も安心してPayPayを使い続けるためには

大規模なクレジットカードの不正トラブルが生じた後、PayPayでは3Dセキュアの導入や直近の30日間でチャージ・決済できる限度額を設けたため、現在では安心して利用ができるようになりました。

しかし今後もクレジットカードの不正トラブルが100%生じないという保証はありませんし、できればクレジットカード情報を登録せずにPayPayを利用したいと感じている人も少なからずいると考えられます。

果たしてクレジットカードを登録せずにPayPayを利用することは可能なのでしょうか。

結論から言いますと、クレジットカード情報を登録しなくてもPayPayは利用できます。

安心・安全にPayPayを利用する方法を詳しく見ていきましょう。

プリペイドカードを利用する

PayPayでは一般的なクレジットカードの他、楽天バーチャルプリペイドカード等のプリペイドカードの登録も可能となっています。

プリペイドカードは予めチャージした金額分のみ決済が可能となっているので、万が一不正トラブルに遭った場合でも被害を最小限に抑えることができ、安心・安全にPayPayを利用できます。

楽天バーチャルプリペイドカードは500円から30,000円の範囲で自由に金額を決めて発行ができるので必要に応じて額面を決めてカードの発行を行うと良いでしょう。

なおPayPayでは基本的にJCBブランドのクレジットカードの登録は不可となっているのでプリペイドカードを利用する際にはJCBブランドのカードを発行しないように気をつけましょう。

銀行口座からチャージする

PayPayはクレジットカードから直接支払いをする他、予めPayPay残高にチャージしておき、残だから支払うこともできます。

PayPay残高へのチャージはクレジットカードを利用する他銀行口座からのチャージにも対応しているので、必要に応じて銀行口座からチャージを買い物の都度行うことで安心・安全に利用ができます。

なおPayPayに銀行口座を登録する場合にはYahoo!ウォレットに口座登録を行った上でYahoo!JapanIDとPayPayのアカウントを連携させる必要があります。

Yahoo!ウォレットではメガバンクや主要なネット銀行・地銀の登録ができますが、日本全国のすべての銀行の登録ができるわけではないので事前に自分の預金口座がYahoo!ウォレットに登録可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。

→利用可能な金融機関一覧はこちら

Yahoo!マネーを利用する

PayPayではYahoo!Japanが独自に運営しているYahoo!マネーという電子マネーを利用した支払いにも対応しています。

Yahoo!マネーの登録を行い、Yahoo!マネーにチャージをした上でYahoo!JapanIDとPayPayを連携させ、PayPayの支払い方法をYahoo!マネー支払いとすることで安全に決済ができます。

なおYahoo!マネーへのチャージ方法ですが、Yahoo!ウォレットに登録してある預金口座からのチャージ・ヤフオクの売上金からのチャージ・コンビニからのチャージと3つのパターンから選択ができます。

コンビニからのチャージを選択した場合、銀行の口座情報やクレジットカード情報などを登録しなくてもYahoo!マネーにチャージができます。

PayPayの決済に利用できるので絶対的に安心・安全にPayPayを利用したい場合にはコンビニからYahoo!マネーにチャージを行いそのYahoo!マネーでPayPayの利用をすることをおすすめします。

今後も安心してPayPayを使い続けるためには
  • ペイペイは不正利用が発生したあと、3Dセキュアや限度額の導入を早急に行いましたが、今後もクレジットカードのトラブルが絶対にないとは言い切れません
  • クレジットカードを登録せずにペイペイを利用する方法をご紹介します
    • プリペイドカードを利用する
      JCBブランドのカードを発行しないように気を付けましょう
    • 銀行口座からチャージする
      利用可能な金融機関を確認しましょう
    • Yahoo!マネーを利用する
      コンビニからのチャージなら銀行口座もクレジットカードも登録せずにチャージが可能です

→3Dセキュアや限度額、クレジットカードの不正利用の補償について

スポンサーリンク

まとめ

当記事の内容をまとめました。

  • クレジットカードの不正利用に関するトラブルが多発しました
  • ペイペイを利用していない人も被害に遭いました
  • ペイペイが原因でなく、過去に流出したクレジットカードの情報が悪用されたのが原因です
  • 被害額は80万円以上になったケースもあります
  • 身に覚えのない請求があるときの対処法
    • カード会社に連絡を取り、直ちにカードの不正利用の手続きをしましょう
    • ペイペイを利用している場合
      • ペイペイアプリの利用履歴を確認します
      • ペイペイに問い合わせを行い、不正利用を確認してもらい返金手続きをします
    • ペイペイを利用していない場合
      • 速やかにカード会社に連絡を取りましょう
  • 今後も安心してPayPayを使い続けるためには後も安心してPayPayを使い続けるためには
    • ペイペイは不正利用が発生したあと、3Dセキュアや限度額の導入を早急に行いましたが、今後もクレジットカードのトラブルが絶対にないとは言い切れません
    • クレジットカードを登録せずにペイペイを利用する方法をご紹介します
      • プリペイドカードを利用する
        JCBブランドのカードを発行しないように気を付けましょう
      • 銀行口座からチャージする
        利用可能な金融機関を確認しましょう
      • Yahoo!マネーを利用する
        コンビニからのチャージなら銀行口座もクレジットカードも登録せずにチャージが可能です

コンビニからのチャージでかなり危険を回避することができますね。

しかし、正直なところ銀行口座やクレジットカードからのチャージのほうが楽です。

起こってもいないトラブルを回避するために不便になっては本末転倒です。

自分がやりやすい方法を選択し、万が一トラブルが発生した場合に適切な対処を行うのが一般的だと思います。

自分に合った方法を選択して、安心・便利にペイペイを利用していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。