楽天ペイは、ちょっとしたお買い物から多額の決済まで便利に使えるスマホアプリです。

当記事では、楽天ペイを利用した際に「領収書」は発行してもらえるのかどうかを解説していきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

お店側に領収書は発行義務はなし

結論からいうと、楽天ペイで決済した際に店舗の側に領収書を発行する義務はありません

領収書発行の法的義務が店舗に生じるのは、現金決済のときだけだからです。

楽天ペイでの支払があっても、その時点で直ちにお店の側が現金を受け取るわけではないので義務がないのです。

領収書を出すと、決済が二重にカウントできかねないので店舗によっては断るところも多いのです。

とはいえ、領収書をもらえないと困ることもあるでしょう。

会社に、領収書がないと認めないと言われている人もいるかもしれません。

キャッシュレス時代になって、そもそも現金を持ち歩いていない人も多いと思われます。

「領収書を出してもらうために仕方なく現金で支払う」という選択肢も一応あります。

ですが大丈夫です。

領収書がなくてもクレジットカード利用明細があれば、これを領収書代わりにできます。

楽天ペイに限らず、電子決済の明細が発生しないケースが多くあります。

ちなみに、クレジットカードで決済した際、領収書を発行してくれるお店もあります。

これは相手方の好意に過ぎません。

なお必ずその場合、クレジットカード決済であることが記載されます。

楽天ペイの決済方法は登録したクレジットカードによるものか、楽天キャッシュで支払ったかのいずれかです。

楽天ペイに登録したクレジットカードの利用明細が領収書の代わりになります。

楽天キャッシュのときは注意が必要です。

楽天キャッシュの場合は、利用明細やポイント実績または購入時確認メールのプリントアウトが領収書替わりに使えます。

楽天ペイ利用での領収書は発行してもらえる?
  • 楽天ペイで決済した際に店側は領収書を発行する義務がありません
  • 店によって領収書を発行してもらえる場合としてもらえない場合があります
  • 楽天ペイにクレジットカードを登録している場合はクレジットカードの利用明細が領収書になります
  • 楽天キャッシュの場合は利用明細やポイント実績、購入確認メールのプリントアウトが領収書の代わりになります
スポンサーリンク

再発行はできない

領収書を紛失してしまったらどうなるでしょう。

再発行は可能でしょうか。

領収書の再発行は、領収書の発行先に依頼することになります。

結論を言いますと、基本的には領収書の再発行はできません

支払いの証拠である領収書が2枚以上あると、不正の原因になので仕方がありませんね。

運よく、再発行してくれる場合は「再発行」と記載することになります。

ただ、再発行ができなくてもあきらめる必要はありません。

現金の場合ならあきらめるしかありませんが、楽天ペイの場合は支払った証拠が残ります

クレジットカードで支払った場合は利用明細が、楽天キャッシュとして支払った場合は「ポイント実績」か「購入時確認メール」が証拠になります。

万が一、有効期間が切れてWeb上で利用明細を確認できなくなった場合でも、利用明細の再発行をしてもらえます。

こちらは、領収書ルールとは無関係なので何年も前というのでない限り、再発行に応じてくれる場合がほとんどです。

領収書の再発行はできない
  • 基本的に領収書の再発行はできません
  • 楽天ペイで支払った場合はクレジットカードの利用明細や購入確認メールが領収書代わりになります
  • 利用明細の再発行はほとんどの場合可能です
スポンサーリンク

楽天ペイを利用時の領収書も確定申告可能?

結論から言いますと、楽天ペイを利用した時の領収書も確定申告の書類になります。

もし領収書を発行してもらえなかった場合はクレジットカードの利用明細や購入確認メールが確定申告の書類となります。

そもそも、確定申告の際に認められる経費の支払方法の確認は、「領収書」だけではないので安心してください。

楽天ペイをクレジットカード決済で支払った場合には、その決済時の利用明細でも確認書類になります。

また、月ごとの利用明細でもまた楽天ペイ利用時に送られてくるEメールのプリントアウトが証拠となります。

楽天キャッシュで支払ったとしても、外形としては楽天ペイです。

ですから、クレジットカード利用の場合と同じです。

購入時に利用明細も発行されますので、これを使えばいいでしょう。

お店が領収書を出してくれない場合でも、これを確定申告に使えば通常は認められるでしょう。

どうしても不安な場合は税務署に問い合わせをして確認をしましょう。

楽天ペイを利用時の領収書も確定申告可能?
  • 楽天ペイを利用時の領収書は確定申告の書類となります
  • クレジットカードの利用明細や購入確認メールも確定申告の書類となります
  • 不安な場合は税務署に問い合わせをして確認しましょう
スポンサーリンク

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 楽天ペイで決済した際に店側は領収書を発行する義務がありません
  • 店によって領収書を発行してもらえる場合としてもらえない場合があります
  • 楽天ペイにクレジットカードを登録している場合はクレジットカードの利用明細が領収書になります
  • 楽天キャッシュの場合は利用明細やポイント実績、購入確認メールのプリントアウトが領収書の代わりになります
  • 基本的に領収書の再発行はできません
  • 楽天ペイで支払った場合はクレジットカードの利用明細や購入確認メールが領収書代わりになります
  • 利用明細の再発行はほとんどの場合可能です
  • 楽天ペイを利用時の領収書は確定申告の書類となります
  • クレジットカードの利用明細や購入確認メールも確定申告の書類となります
  • 不安な場合は税務署に問い合わせをして確認しましょう

領収書より利用明細を管理して確定申告に備えるのがスムーズと言えます。

日ごろから確定申告に備えておき、直前で困ることがないようにしたいですね。