結論から言うと、一度評価が付けられたら購入者ですら変更不可能なので、出品者側がどんなに購入者にお願いをしても意味がありません。

評価の削除・変更依頼 一度付けられた評価の変更は不可能
運営が削除してくれるケース 個人情報を書かれた場合など

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

PayPayフリマで悪い評価をつけられた場合、購入者に削除依頼は可能?

結論から言いますと、PayPayフリマでは評価の削除や変更は不可能です。

PayPayフリマで出品していた品物が売れると購入者が出品者に対する評価をして取引終了となります。

ヤフーオークションなどと違って相互評価はしませんから、購入者の評価欄で一方的に避難されるリスクを警戒する必要があるでしょう。

例えば購入に際して一切値引き交渉に応じなかったことを避難されたり、品物の状態について実際とは違う内容を書き込まれる可能性があります。

ヤフーのように出品者側もコメントができるなら相手に落ち度や問題について主張できるのですが、PayPayフリマでは不可能です。

そうなると残された手段はPayPayフリマの運営に連絡して評価の削除を要請するか、購入者に評価内容を変えるよう頼むしかありません。

しかしPayPayフリマの運営が書き込まれた評価を削除することは原則ありません。

削除に対応してくれるのは評価コメントに個人情報が記載された場合のみで、コメントの内容に誤りがあっても修正や削除に応じることはありません。

メルカリの場合は個人を誹謗中傷する暴言が含まれるコメントは削除対象になりますが、PayPayフリマでは対象に含まれません。

サポートセンターに電話してもマニュアル対応されるだけで個別対応は期待できないのが実情です。

それでは評価コメントをした購入者と直接交渉してコメントを削除または修正してもらうのはどうでしょうか?

実はPayPayフリマではシステムの都合上、一度投稿した評価は投稿者であっても削除・修正することができません。

そのため、いくら誠意をこめて購入者と交渉しても評価コメントを取り合下げてもらうことは不可能です。

結局、PayPayフリマで付けられた悪い評価は削除できません。

虚偽が含まれていても修正できないのは理不尽ですが、ルールですから受け入れるしかないでしょう。

もし評価コメントに個人情報が記載されている場合は例外なく削除できますから、ただちにPayPayフリマカスタマーサービスに連絡してください。

ポイント
  • PayPayフリマでは購入者が1度付けた評価は変更できません
  • 個人情報が記載されている場合は削除してもらえます
    スポンサーリンク

    悪い評価を付けられないために気を付ける点

    PayPayフリマの評価は基本的に削除できない仕組みですから、悪評を未然に防ぐのが重要です。

    悪評を防ぐために気を付けるポイントは次の5つです。

    悪評を防ぐために気を付ける5つのポイント
    1. 商品内容を詳細かつ正確に書く
    2. 本来なら付属する物が無い場合、そのことを必ず明記する
    3. 写真は傷や汚れが分かるよう高画質なものを選ぶ
    4. 梱包は開けやすく、品物が壊れないよう丈夫にする

      1.商品内容を詳細かつ正確に書く

      まず何より重要なのは商品について詳しく説明することです。

      精密機器であれば型番や製造年月日、購入時期など基本的な情報は必ず載せましょう。

      ゲームなどは様々なエディションが同時リリースされている物がありますから、購入者が誤解しないように明記しておくのが重要です。

      購入者の不注意で誤った品物を購入した場合でも、その不満は出品者に向けられますから、悪い評価を付けられる可能性は非常に高いでしょう。

      相手が誤解しないよう重要なことほど説明欄の上部に分かりやすく記載してください。

      2.本来なら付属する物が無い場合、そのことを必ず明記する

      付属物がある品物を取り扱うときも内容物の説明は重要になります。

      スマートフォンなどは機種によって様々な付属品があるため、特に注意すべきです。

      内容物が全部揃っていない場合は、付属しないものを一番目立つように説明欄に書いてください。

      そういった説明が無いと、備品は全て揃っていると考える方がいますから高確率でトラブルに発展します。

      3.写真は傷や汚れが分かるよう高画質なものを選ぶ

      商品の状態については画質の良い写真を掲載します。

      汚れや傷、ヘコミなど問題個所がある場合は、それがすぐ分かる写真を用意しましょう。

      商品の状態に神経質な方はちょっとしたことで悪評を入れますし、何も問題なくても良いの評価を入れてくれません。

      マイナスポイントをアピールする写真を掲載すると、こういったトラブルを回避できます。

      4.梱包は開けやすく、品物が壊れないよう丈夫にする

      梱包も悪評の原因になることが多いです。

      代表的な梱包トラブルには次のようなものがあります。

      • 雨水対策がされていなくて商品が濡れた
      • 商品の固定が甘く運ぶ道中でヘコミや傷ができた
      • 運送会社の扱いが悪く箱がへこんだ
      • 梱包の見た目が悪い(梱包が下手)
      • 開けづらい梱包

      梱包する際は「キレイ」「丈夫」「防水」を最低限心がけましょう。

      ここまで悪評を入れられないための注意点について解説してきましたが、実はフリマアプリの利用者は既存のオークション利用者より出品者の評価を気にしません

      保障制度があるので気にしない方が多いようです。

      悪評があっても普通に買う利用者が多いので、あまり神経質になって出品に疲れてしまわないよう、良識の範囲内で対応するのがおすすめです。