当記事では楽天ペイの上限金額についてまとめました。

また、ランクと上限金額の関係も分かりやすく解説していきます。

新しく、電子決済サービスを利用しようと考えている方、そして楽天のサービスを利用進めている方、是非記事をチェックしてみてください。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

楽天ペイの利用額に上限あり

まず、そもそも楽天ペイに利用する上限があるのかどうかについて説明します。

結論からいうと、楽天ペイに上限はあります

上限は、1回あたり最大50万円という上限が決められています。

ただし、楽天ID会員ランク、そしてお店によって上限の金額が変わるようになっています。

また、楽天ペイは利用されているクレジットカードと連携しておりクレジットカードの利用可能枠にも左右されるようです。

もし、仮に家電量販店などにいって楽天ペイで支払いを行う際に100万円近いものを購入する場合は購入が出来ない場合もあるようです。

クレジットカード会社にて上限を50万円以上に設定していても、それ以上の買い物はできないので注意して下さい。

最近、電子決済サービスでは、20%還元サービスなど大々的にキャンペーンを行っています。

お店によっても電子決済でキャンペーンを行っているところもあり、そのキャンペーンに乗っかって安く買い物をしたいと考えている方が多いようです。

上限金額についてチェックしておいて下さい。

楽天ペイの利用額に上限はあるの?
  • 楽天ペイに上限はあります
  • 1回あたり最大50万円です
  • 楽天ID会員ランクと店舗によって上限は変わります
  • クレジットカードの限度額にもよります
スポンサーリンク

ローソン、ジョーシン、ケーズデンキでの上限

では、つづいて各店舗の上限金額について紹介します。

ローソンの場合

まず、コンビニのローソンについてです。

ローソンに関わらず、公式ホームページではコンビニでの上限金額が定められており4,000円以上は購入できないようになっているようです。

そもそも、コンビニでそこまで大きな金額の買い物をする方は多くはないと思いますが、中にはコンビニでの商品の取り置き購入サービスなどもあるようなので4000円オーバーしてしまうかもしれません。

そういった際に、支払については注意が必要です。

ではローソンについての上限の金額についてですが、ローソンも他のコンビニと同様支払い金額の上限は4000円だそうです。

ただし、利用条件としては他の店舗とは異なります。

楽天スーパーポイント、楽天キャッシュを利用して買い物支払いする場合は、4000ポイントでの利用となっています。

さらに、1日あたりの支払金額の上限も4000円となっています。

ローソンにて、何回も利用して楽天ペイを利用される場合は、合計金額が4000円を超えないよう注意が必要です。

ジョーシンの場合

つづいて、ジョーシンです。

ジョーシンについて、上限金額の個別設定はありません

そのため、上限金額は50万円となります。

以前、ジョーシンではポイント25倍キャンペーンを実施していました。

楽天ポイントカードを提示し、楽天ペイアプリで支払いを行うと、楽天ポイントが25倍のポイントもついてくるというサービスになっています。

ここには上限があり、2000ポイント上限でした。

とてもお得なのでこういったキャンペーンは利用価値が高いです。

ケーズデンキの場合

最後にケーズデンキについて情報を紹介します。

ケ―ズデンキでの利用上限についても個別にはしていありませんでした。

そのため、楽天ペイそもそもの利用上限金額である50万円が上限金額になります。

ケーズデンキでもキャンペーンがたびたび実施されています。

これにより、ポイントが還元されるのですが、このポイントにも上限んがあるようで1000ポイントから3000ポイントとなっている様子です。

どのお店でもある程度の還元ポイントの上限率は設定されいるようなので注意して下さい。

各店舗の上限
  • ローソン
    4000円
  • ジョーシン
    50万円
  • ケーズデンキ
    50万円
スポンサーリンク

楽天IDランクによって上限が変わる

では、つづいて楽天ペイの上限金額と楽天IDのランクについて解説します。

冒頭でも簡単に説明しましたが、楽天ペイでは楽天IDのランクによって上限が変わります

楽天の会員について「シルバー」、「ゴールド」、「プラチナ」、「ダイヤモンド」という4つのランクに分かれており、それぞれで利用できる上限金額が変わります。

そして最大で50万円と記載があるように、「ダイヤモンド」の会員になれば最大の50万円の上限金額の設定となるようです。

公式ホームページでは、この会員ごとの上限金額については非公開となっており確認することができません。

ちなみに、楽天カードのランクでの上限金額は、通常の楽天カードが100万円、楽天ゴールドカードが200万円、楽天プレミアムカードが300万円となっています。

各カードのランクによって100万円づつあがっていく形となっています。

この楽天クレジットカードと、楽天ペイでの会員ランクと比例しているかは分かりませんが、同じように倍率で増えていくと予想されています。

楽天ペイでの上限金額の変更は、基本的には難しいようです。

もし、お困りの場合はカスタマーセンターに連絡して対応が可能かどうかを確認してみてください。

→楽天ペイの問い合わせ先

ランクによって上限が変わる
  • 楽天IDのランクによって上限が変わります
  • それぞれの上限金額は公開されていません
  • 楽天ペイの上限金額の変更は簡単にはできません
スポンサーリンク

限度額にエラーが出た場合の対処法

楽天ペイで、限度利用額にエラーがかかりロックされる状態があります。

エラーが掛ってしまった場合、楽天ペイが利用できなくなります。

カスタマーセンターに問い合わせをした場合でも細かいエラーは把握していないようで、原因については以下が考えられます。

  • 通常登録し使用している端末とは別の端末を利用してしまった
  • 上限の利用額を越えた支払いをしてしまった。
  • 不正利用された。
  • アプリ自体の不具合

以上の理由が考えられるようです。

エラー表示された際に、最初におこなう対処法としては、カスタマーサービスへの連絡です。

→カスタマーサービスの連絡先はこちら

ここで申請を行い、順次対処してもらうようにしましょう。

エラーが出てしまったら、ログインすらできない状態になります。

実際に端末自体の電源を切って、再起動しアプリを開いたらなおるという声もあるようですが、なおらないケースのほうが多いようです。

カスタマーセンターに連絡をして対処してもらうようにしましょう。

ちなみに、利用制限がかかって、解除されるまでの期間は1日で復旧したという声もあれば1週間以上かかったというような例もあります。

復旧しても連絡はないのが普通で、たまにアプリを自分で立ち上げてみる必要があります。

限度額にエラーが出た場合の対処法
  • 限度利用額にエラーがかかりロックされる場合があります
  • その場合は申請を行い、対処してもらいましょう
  • 再起動で直る場合も稀にあります
  • 復旧まで1日~1週間はかかります
  • 対処後に連絡がない場合が多いので、たまにアプリを開いて利用できるかどうか確認しましょう

まとめ

楽天ペイの上限金額についての情報についてまとめました。

楽天ペイは楽天会員、楽天ポイントなどと連携しており、有効的に活用すれば非常に便利な電子決済サービスです。

ほかにも様々なサービスがありますが、楽天市場を利用しているユーザーであれば利用するといいかもしれません。

上限金額についてはしっかりと理解をしたうえで、利用するようにして下さい。