楽天ペイアプリは不正利用や不正登録を防ぐ為に、SMS認証制度を導入しています。

SMS認証とは携帯電話の番号を利用してメールを送信するSMSを利用して本人確認を行うサービスのことです。

楽天ペイアプリに初回登録をする際には、SMS認証を必ず行う必要があります。

SMS認証自体はアプリの指示に従って電話番号を入力してメールを送信して貰い、受診したメールに表示された認証番号を入力するだけなのでほとんど手間はかかりません。

SMS認証を導入している楽天ペイアプリであれば、安心してQR・バーコード決済を行うことが出来ますね。

セキュリティに万全を期す為に避けては通れないSMS認証ですが、楽天ペイアプリでSMS認証を行っているとアプリ側から「認証の受付を停止しました」と表示されることがあります。

この画面が表示されると一定期間の間認証メールを送信して貰う事も、受診された認証番号を入力することも出来なくなってしまいます

当記事では、このような状況になった時の解決方法と原因をまとめました。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

即時解決策はなし

「認証の受付を停止しました」と表示された原因は楽天ペイの不正利用を防ぐ為に、電話番号や認証番号の入力が制限された回数を超えると楽天ペイ側で認証を停止する仕様となっているからです。

電話番号や認証番号を何回も入力し間違えたり、認証番号の書かれたメールがすぐに届かないからと何度も電話番号を入力すると認証の受付が停止されてしまう可能性が高くなります。

この画面が表示されてしまうと、基本的に即座に解決する方法はありません

一度楽天ペイアプリを終了し、しばらく時間が経ってから再度認証作業をやり直すようにして下さい。

一定時間が経過していれば、また最初と同じようにSMS認証が行えるようになります。

電話番号や認証番号の入力制限回数や認証停止期間に関しては、楽天ペイのセキュリティ上の都合から一般には公開されていません。

また、即座に登録を行いたいからと入力を間違えたことをサポートセンター等に連絡しても、既定の時間が経つまではSMS認証は復旧することはありません。

楽天ペイアプリへ登録する際は、SMS認証で間違った電話番号を入力したり認証番号を打ち間違えたりしないように気を付けるようにして下さい。

SMS認証の受付を停止されてしまわない為には、いくつか注意するポイントがあります。

まず前述したように電話番号と認証番号はしっかりと確認し、入力に間違いがないかを確認してから確定ボタンを押すようにしましょう。

またSMSメールは一般的なメールとは異なり、基本的に携帯電話会社の通信を利用してメールの送受信が行われます。

その為、例え電波が良かったりWi-Fiに繋がっている状態であっても、携帯電話会社の通信状態が悪い場合はSMSがすぐには届かなかったり、受診することが出来なくなる場合があります。

SMS認証を行う際には、携帯電話会社の通信の電波状態が良好であることを確認するようにしましょう。

またすぐにメールが届かなくても焦ることなく、数分は待機するようにしておくことも大切です。

加えて海外のSMS受診を制限している場合も、認証メールが受信できなくなることがあります。

携帯電話やスマートフォン本体ではなく携帯電話会社側でSMS通信が制限されていることもあり、そのような場合は携帯電話のキャリアのサイトから設定を変更する必要があります。

SMSで認証メールが受信出来なかった場合は、自動音声での認証番号通知サービスを待つという手段もあります。

自動音声での認証番号通知サービスとは、SMS認証メールを送信してからSMS認証を行ったことが確認できなかった場合に、メール送信の10分後に入力した電話番号に自動音声で電話をかけ、認証番号を教えてくれるサービスのことです。

SMS認証の受付が停止されてしまうといつ復旧するか完全に未知数となってしまう為、時間に少し余裕があるのであれば10分間待機して、自動音声での認証番号通知サービスを待つというのも一つの手段です。

もちろん、数回程度の入力ミスであればすぐにSMS認証の受付が停止されてしまうことはありません。

普通に利用する分にはSMS認証の受付が停止されてしまうことはほとんどない為、一度や二度入力を間違えてしまったような時は再度認証メールを送信して貰った方が早く楽天ペイを使い始めることが出来るでしょう。

楽天ペイ「認証の受付を停止しました」と表示された時の解決策
  • これは電話番号や認証番号の入力を何度も間違えると楽天ペイ側で不正利用を防止するためにおこる現象です
  • すぐに解決はしません
  • しばらく時間が経ってから再度認証をする必要があります
  • この待機時間は公開されていません
  • 認証番号や電話番号の間違いをしないように気を付けましょう
  • 携帯電話会社の電波が良い状況で行いましょう
  • メールが届かなくても数分待ちましょう
  • 自動音声での認証もおすすめです