世間ではPayPayが大きく話題になっています。

「100億円あげちゃうキャンペーン」が注目されて、知名度は抜群に上がりました。

ですが支払方法の一種だということ以外には、PayPayが一体なんなのかよくわからない人も多いでしょう。

運営側は言いませんが、PayPayは電子マネーです。

電子マネーにも、ポストペイ型とプリペイド型とがありますが、PayPayはチャージをしてから使うプリペイド型の電子マネーです。

スマートフォンで決済ができる電子マネー自体は、すでにPayPay以前にも数多くあります。

さて、プリペイド型電子マネーであるPayPayをお買い物に使うには、チャージをする必要があります。

どのようなチャージ方法があるでしょうか。

そして、それぞれどのようなメリットがあるでしょうか。

当記事では、PayPayのチャージ方法とメリットを解説していきます。

記事は下に続きます。

PayPayへのチャージ(入金)方法一覧

PayPayへのチャージ方法は以下の3種類です。

PayPayへの3つのチャージ方法
  1. 銀行口座
  2. Yahooマネー
  3. クレジットカード

以上の3種類です。

一般的な電子マネーでは、チャージの基本は「現金」です。

交通系電子マネー(Suica等)、WAON、nanaco、楽天Edyなどの電子マネーを、現金でチャージして使っている人も多いでしょう。

ですが、PayPayの場合、現金チャージは裏技になります。

カードタイプでなくスマートフォンで使う電子マネーの場合は、現金チャージはかなり例外的な仕組みとなります。

スマートフォンの性質上、オンライン経由でチャージをおこなう方法がほとんどです。

PayPayも例外ではありません。

PayPayの場合、オンラインでのチャージが前提となっており、その中で3種類のチャージ方法があるわけです。

1.銀行口座

PayPayにチャージする銀行口座は、Yahoo!ウォレットの預金払い口座に登録してある口座である必要があります。

なお現在、三菱UFJ銀行は登録不可となっています。

Yahoo!ウォレットは、名称を聞いてピンと来ないとしても、ヤフオクやYahooショッピングを日常的に利用している人なら使っているはずです。

ウォレット(財布)自体に銀行口座やクレジットカードを登録しておくことで、オンラインでの支払いが簡単になるわけです。

これに登録済みの銀行口座からチャージするのがひとつの方法です。

2.Yahooマネー

それからYahooマネーです。

Yahooマネーもまた、ヤフオクやYahooショッピング等でYahooウォレットを利用する際の決済方法のひとつです。

ですが、Yahooマネーについてはまったく使っていないYahooユーザーも多いでしょう。

使っていないのであれば、PayPayチャージのためにYahooマネーを改めて用意する必要は特にありません。

ただし、PayPayチャージのために積極的にYahooマネーを使ったほうがいいユーザーもいますので、後述します。

3.クレジットカード

最後に、クレジットカードからのチャージ方法があります。

ポイント好きな人にとっては、最適の方法です。

クレジットカードからのチャージの際にクレジットカードの独自ポイントが付くからです。

PayPayの利用で得られるPayPayボーナスだけでなく、クレジットカードのポイントも考えておきたいものです。

これが現金チャージとの大きな差になります。

PayPayチャージ方法一覧
  • 銀行口座
    Yahoo!ウォレットの預金払い口座に登録してある口座であること
  • Yahoo!マネー
    積極的にこの方法を利用する方がお得な方もいます
  • クレジットカード
    クレジットカードの独自ポイントも貯めることが可能です

それぞれのチャージ方法のメリット

PayPayは、利用金額の0.5%がPayPayボーナスで還元される電子マネーです。

それぞれのチャージ方法のメリットを解説していきます。

銀行口座からチャージする

ですから、銀行口座からチャージしてPayPayで支払う場合でも、現金直接払いよりは間違いなく得になります。

クレジットカードは好きではないが、現金感覚で使える電子マネーなら使ってみたいという人にとっては、いい方法でしょう。

Yahooマネーからチャージするメリット

それから、Yahooマネーはどうでしょうか。

Yahooマネーは、ヤフオク等、Yahooのオンラインサービスをよく使っている人にとっては、必須とまでは言えませんが、あると便利なサービスのひとつです。

ヤフオクに出品をよくして、落札代金をYahooマネーで受けている人にとっては、PayPayへのチャージができるのは便利です。

YahooマネーでPayPayにチャージする際は、残高の範囲でしかできません。

オンラインショッピング時のような、足りない分が銀行口座から引き落とされるような仕組みはありません。

Yahooマネーは、わざわざ使い始める必要はありません。

Yahooマネー自体、PayPay残高と同じく銀行等からチャージしてくるものなので、PayPayユーザーにとってはまわりくどい存在に映るかもしれません。

ですが、Yahooマネーを知っておくと、PayPayへのチャージに有益なことが多いです。

Yahooマネーを間に挟むことで、現状PayPayへの直接のチャージができない人が救済されるのです。

銀行口座が三菱UFJ銀行の人や、JCB(Yahooカード以外)やアメックスのクレジットカードしか持っていない人でも、PayPayへのチャージができることになります。

このような人は、銀行口座からYahooマネーにチャージをおこなうことで、ワンクッション挟んで無事PayPayへのチャージができるようになります。

また、Yahooマネーの場合、コンビニ支払(ファミリーマート、ローソン等)でチャージもできます。

いささか変則的な方法ではありますが、Yahooマネーに一度入金することで、結果的には現金でのPayPayチャージも可能ということです。

ちなみに、ヤフオクやYahooショッピングの支払を前提に、YahooマネーからPayPayにチャージをするのはやや損です。

PayPayでも、2019年2月からオンライン決済が開始されます。

Yahooマネーで支払えば1%のTポイントが付くのに、PayPayだと0.5%のPayPayボーナスだからです。

Yahooマネーユーザーは、オンラインではYahooマネー、実店舗ではPayPayと、使い分けるのがいいでしょう。

クレジットカードからチャージするメリット

最後にクレジットカードからのチャージです。

これが現状、もっともお得なチャージ方法といえます。

クレジットカードからチャージすると、カード側にとっては決済となります。

この際に、クレジットカードでポイントが貯まるわけです。

チャージの際と、利用の際とそれぞれに別個のポイントが貯まるのを、俗にポイント二重取りといいます。

ひとつのお買物につて二重にポイントが得られるなら、当然他の方法よりも得になるわけです。

ただし、常にこの通りになるかどうかというと、そうならない場合のほうがずっと多いのです。

プリペイド式の電子マネーで、利用時にポイントが貯まるものには楽天Edy、nanaco、WAONなどがあります。

ですが、これらの電子マネーにクレジットカードでチャージする際、ポイントが付くのは、ほとんどが同じ系列の場合です。

ですが、まだ世に出て日の浅いPayPayの場合、クレジットカードのほうで制限されていないので、ほとんどすべてのクレジットカードでポイントが付くのです。

いつまでもそうである保証はありません。

前述の電子マネーにおいても、以前は多くのクレジットカードでポイントが付いたのですが、徐々に縮小されてきました。

やがてこうなるのは、PayPayについても同様でしょう。

ですが、楽天Edyにチャージする際楽天カードにポイントが付くように、PayPayにチャージするためにはYahooカードがあります。

Yahooカードだけは、他のカードでチャージの際ポイントが貯まらなくなったとしても、将来的にも二重取りができ続けるものと思われます。

PayPayそれぞれのチャージ方法のメリット
  • 銀行口座からのチャージ
    • クレジットカードは使いたくないが、現金よりはお得に利用したい方はお得
  • Yahoo!マネーからチャージ
    • ヤフオクなどのYahoo!のサービスを利用している人は利用価値があるが、そうでない場合はメリットがない
  • クレジットカードからチャージ
    • クレジットカードの独自ポイントも貯めることが可能

チャージの注意点

PayPayのチャージで気を付けることがあります。

PayPay残高が不足している場合、この状態でお買い物をしますと、自動的にPayPay残高と異なる支払が選ばれます。

第1が「Yahoo!マネー」で、次に「メインのクレジットカード」です。

クレジットカードをPayPayに登録しておくと、PayPay残高不足の場合勝手にクレジットカードでの支払になることがあるのです。

支払において、併用がなされることはありません

PayPay残高不足の場合、PayPayで支払える額を支払い、残りの金額について別の支払方法が選ばれるということはありません。

必ず、上記の順序に従って、全額がそちらで決済されます。

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる現在においては、PayPay残高の支払ができないとメリットがフル活用できません。

残高が足りない場合にはPayPayへのチャージを済ませてから決済したいものです。

PayPayチャージの注意点
  • 支払い方法が併用さることはない
  • PayPay残高が足りない場合は事前にチャージしてから決済しましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • PayPayチャージ方法一覧
    • 銀行口座
      Yahoo!ウォレットの預金払い口座に登録してある口座であること
    • Yahoo!マネー
      積極的にこの方法を利用する方がお得な方もいます
    • クレジットカード
      クレジットカードの独自ポイントも貯めることが可能です
  • チャージ方法のメリット
    • 銀行口座からのチャージ
      クレジットカードは使いたくないが、現金よりはお得に利用したい方はお得
    • Yahoo!マネーからチャージ
      ヤフオクなどのYahoo!のサービスを利用している人は利用価値があるが、そうでない場合はメリットがない
    •  クレジットカードからチャージ
      クレジットカードの独自ポイントも貯めることが可能
  • PayPayチャージの注意点
    • 支払い方法が併用さることはない
    • PayPay残高が足りない場合は事前にチャージしてから決済しましょう

PayPayにクレジットカードからチャージすることはいかにメリットが大きいかが分かりましたね。

また、ヤフオクなども利用している方はYahoo!マネーなどの利用もするとお得感が増します。

最後に、クレジットカードからのチャージはいつまで可能か分かりませんので早いうちから利用することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。