• LINE Payで支払いした分を確定申告する方法が知りたい
  • 領収書やデータはどうやって保管すればいいの?
  • 確定申告の期間や必要書類は?

当記事ではこれらの疑問をすべて解決できます。

LINE Payで支払いをした内容を確定申告する方法を分かりやすく解説していきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

簡単に確認することができるLINEPay利用履歴

LINEPayの利用履歴を確認することは、簡単なので安心してください。

どのような目的で利用していて、支払った金額がどのくらいなのか速やかに把握することができます。

そして一定期間どのくらいのお金を使ったのか把握できるのが特徴です。

LINEアプリを起動させればあとは簡単

LINEPayの利用履歴を確認するには、まずLINEアプリを起動させなくてはいけません。

LINEアプリは基本的に難しい起動方法になっていないので、誰でも簡単に起動させることができます。

そして起動させることができたらLINEPayの画面に移行しましょう。

LINEPayの画面に移行したら決済履歴という項目があるので、その項目を押下することでLINEPayの利用履歴を確認することができます。

とてもシンプルで単純な利用履歴確認方法になっているので、初めてLINEアプリを利用した人も困惑しないで利用履歴を確認することが可能です。

LINEPayの利用履歴を把握することができるため、とても便利な機能です。

決済に関する情報がいくつも掲載されているので、キャンセルに関する情報も問題なく確認できるのがLINEPayの決済履歴になります。

期間ごとに確認できるのが特徴の一つ

LINEPayの決済履歴をチェックすることで、どのような利用履歴になっているのか確認することができます。

頻繁に利用している人も細かくチェックすることができるので、安心してLINEPayを利用することが可能です。

そんなLINEPayの決済履歴なのですが期間ごとに細かくチェックできるのが強みです。

頻繁に利用している人はどうしても決済履歴が多くなってしまい、確認するのが面倒になってしまう場合があります。

そこで決済履歴が多い人も安心して確認できるように期間を指定して確認することができます。

これによって期間ごとにどのくらいLINEPayを使用しているのか知れます。

最大半年前の決済履歴を確認することができるので、以前どのような利用をしたのか忘れてしまった人もLINEPayの決済履歴を確認すれば、改めて認知することができます。

スポンサーリンク

しっかりと準備することでLINEPayの支払いを確定申告に実施できる

LINEPayで支払いを行った料金に対し、きちんと準備することができれば、確定申告がスムーズです。

事前の準備が出来ないと確定申告に必要な書類が足りないという事態になり兼ねませんのできちんと理解しておく必要があります。

LINEPayで支払った領収書や決済履歴をしっかりと残すこと

確定申告でLINEPayで支払ったお金を申告する場合、まずは支払った領収書をきちんと残しておくことが必要です。

領収書を残しておくことで税務署はどのような品物を購入しており、支払った金額がどのくらいなのか把握することができます。

そして正しい金額を申告することができるので、領収書はとても大切な役割を持っています。

その他にも決済履歴もきちんと残しておけば、その画面をデータ化することで決済した履歴を証拠として残しておくことができます。

ただLINEPayは最大半年までの決済履歴しか確認することができません。

残念ながら半年を過ぎてしまうと決済履歴を確認することができないので、それまでに決済履歴をデータ化しておくことがポイントです。

LINEPayで支払った領収書や決済履歴をしっかりと残していてデータ化することができれば、正しく確定申告時に申告できるので問題なく提出することができます。

LINEPayと家計簿アプリを連動させることで決済を確認しやすくなる利点

LINEPayの場合、決済履歴は半年ほどしか確認できないのでそれ以降の決済は期間が経過することで確認できなくなってしまいます。

そこでLINEPayと家計簿アプリを連動させることによって、それ以上の期間もどのような決済がされているのか確認することが可能です。

確定申告は一年間の収入や支出をチェックしています。

そこで家計簿アプリを連動させれば、かなり長期間LINEPayでどのような決済をしたのか把握することができるので便利です。

一年以上利用履歴を確認できる家計簿アプリもあるので、すでに多くの人が連動させている状況です。

そんなLINEPayと家計簿アプリの連動なのですがLINEPay画面に家計簿アプリ連動という項目があるので、簡単に連動することができます。

そして家計簿アプリをインストールしてLINEPayと連動させることで、LINEPayの決済をデータ化しやすくなります。

また家計簿アプリによっては、パソコンから利用履歴を確認できるケースもあります。

事情によってスマホを一時的に使用することができなくなった場合、パソコンからチェックできるためにとても便利です。

スポンサーリンク

確定申告をするには必要な書類と提出期間の把握が必要不可欠

確定申告を実施するには、必要な書類を準備しないといけません。

その他にもいつでも提出できる訳ではなく提出期間が存在しており、その期間に提出することが基本的に必要です。

多くの人が確定申告を実施するために必要な書類を揃えて、提出期間に確定申告書類を提出しています。

色々な書類が必要になるので事前に準備すること

確定申告を実施するには、色々な重要書類を準備する事が必要です。

確定申告の必要書類
  1. マイナンバーカード
  2. 身分証明書
  3. 申告書

以上が確定申告に必要な書類です。

まずはマイナンバーが記載されている通知カードや住民票などを準備することが必要です。

その他にも運転免許証やパスポートなどの身分証明をすることができる書類を準備しないといけません。

そしてコピーを取って、確定申告の書類と一緒に提出することが求められてきます。

その他にも確定申告をするには、申告書の提出も必要不可欠なので忘れないように注意しないといけません。

また申告書を提出する時、計算ミスもしくは誤字が発生している申告書を提出することはできません。

できる限り丁寧に作成した申告書を提出しなくてはいけないため、ミスをしないように気をつけるのがポイントです。

また印鑑を押す箇所があるので、印鑑もしっかりと準備する事が必要です。

そしてLINEPayやその他の方法で支払ったことを証明するため、領収書やデータ化された決済履歴なども一緒に提出が必要な場合もあります。

このように色々と書類が必要になってくるので、確定申告を実施する前に万全の準備をするのがポイントです。

特に初めて確定申告をする人は決して簡単な申告ではないので、悪戦苦闘する可能性があります。

必要な物を準備することで少しでもスムーズに確定申告を行えるようになります。

毎年定められている期間の中で提出することが必要

確定申告は何時でも実施する事ができる訳ではありません。

提出期間が毎年定められているので、多くの人が提出期間内に確定申告を行っている状況です。

確定申告の期間は毎年2月16日から3月15日くらいに設定されており、曜日の関係によって若干期間が短くなる場合があります。

この間に確定申告を実施しなければいけないので、上手くスケジュール調整することが必要です。

もしも3月15日を過ぎて申告した時は無申告加算税が発生する可能性があり、余計な費用を支払わなくてはいけません。

この無申告加算税ですが申告する状況によっては、最大20%に設定されているため、かなり高額なお金を支払う羽目になり兼ねません。

そのような状況を避ける為に多くの人が提出期間内に確定申告を行っています。

スポンサーリンク

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • LINE Payの利用履歴は簡単に確認できます
  • 一定期間の利用履歴が確認可能です
  • 期間ごとにわけて利用履歴を確認できます
  • 最大半年前の決済履歴を確認することができます
  • LINEPayで支払った時の領収書は保管しておきましょう
  • 決済履歴はデータ化しておきましょう
  • LINE Payと家計簿アプリを連動させればさらに便利に利用できます
  • 確定申告の必要書類は余裕をもって準備しましょう
  • 確定申告の必要書類
    • マイナンバーカード
    • 身分証明書
    • 申告書
  • 毎年提出期間が決められています
  • 期間を過ぎてしまうと無申告加算税が発生する可能性があります

LINE Payを使用しても、現金払いやクレジットカード払いの時とほぼ同様の方法で確定申告ができることが分かりました。

期日を守り、利用履歴のデータをしっかりと保管して正確に確定申告をしてくださいね。