• ラインの割り勘機能って便利なの?
  • 全員がラインペイのアカウントの審査に通っていないといけないの?
  • 割り勘機能を使う条件は?
  • 割り勘機能の使い方手順を知りたい
  • 端数はどうなるの?

まず、事前にラインペイに登録をしていることが必要です。

→ラインペイの登録の方法はこちらで確認できます

ラインペイに登録済みという前提で、割り勘機能の使い方や使う際の条件などについてお話していきたいと思います。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

LINE Payの割り勘機能を使うための条件

LINE Payの割り勘機能を使うには、いくつかの条件があります。

LINE Payの割り勘機能を使う条件
  1. お金をLINEにチャージする
  2. 本人確認をする

1.お金をLINEにチャージする

まず、コンビニのATMや銀行口座などからお金をLINEにチャージする必要があります。

こうすることで、指定した金額をLINEサービスの中で使用することができます。

2.本人確認をする

しかし注意しなくてはいけないことがあります。

金額をチャージしただけの状態は「LINE Cash」と呼ばれます。

この状態でチャージした金額を使用するとき、お金が使えるのはLINE STOREの買い物のみとなります。

つまり、ただLINEに金額をチャージしただけでは割り勘などの機能は使えないのです。

ではどうしたらLINE STORE以外での使用が可能になるのでしょうか。

これに必要なのが「本人確認」です。

本人確認の方法として、銀行口座との連結が必要となっています。

銀行口座を持っていないと本人確認の手続きが取れず、LINE Payのサービスが十分に受けられません。

身分証での本人確認は、以前はできたのですが今現在できなくなっています。

割り勘機能を使いたい方は銀行口座を作り、LINEと提携させる必要があるのです。

LINE Payに金額をチャージし本人確認がLINEから承認されれば、LINE STOREでの買い物以外の用途でサービスを使うことができるようになります。

使えるサービスは以下のとおりです。

本人確認をしていないと利用できないサービス
  • 送金…LINE内で友達となっている人に送金することができる 
  • 割り勘…複数の友人同士で金額を割り勘することができる 
  • 決済…店舗やネットショッピングの支払いにLINE Payを使用できる
  • 引き出し…LINE Payを引き出すことができる *このときのみ手数料がかかります

これらのサービスは本人確認をしないと受けられません。LINE Payを便利に使うには本人確認をした方が良いでしょう。

LINE Payの割り勘機能を使うための条件
  1. お金をLINEにチャージする
    コンビニATMや銀行口座からチャージをしておく必要があります
  2. 本人確認をする
    本人確認とは銀行口座との連結です。本人確認をすることによって利用できるサービスが増えます
  • 本人確認をしていないと利用できないサービス
    • 送金…LINE内で友達となっている人に送金することができる 
    • 割り勘…複数の友人同士で金額を割り勘することができる 
    • 決済…店舗やネットショッピングの支払いにLINE Payを使用できる
    • 引き出し…LINE Payを引き出すことができる *このときのみ手数料がかかります

LINE Payの割り勘する手順

LINE Payで割り勘する際の手順は大きくわけて2通りあります。

LINE Pay割り勘の手順
  1. 大勢で割り勘する手順
  2. 2~3人で割り勘する手順

1.大勢で割り勘する手順

まず、大勢で割り勘する場合の手順をみてみましょう。

大勢で割り勘する手順
  1. まず、割り勘に参加する人が全員LINEを起動させる
  2. 幹事がウォレットの画面の右上にある割り勘を選び、「割り勘グループを作る」というボタンをおしてグループを作成する。グループのタイトルを入力し、「QRコードを作成」のボタンをおしてコードを表示する
  3. 幹事以外の人がコードを読み取る。ウォレットの画面の「コードリーダー」でも「割り勘」でもコードの読み取りが可能
  4. 参加者は、支払い方法をLINE Payもしくは現金で選択。このとき、本人確認ができていない人は「LINE Pay」を選択することができない
  5. 参加者がQRコードを読み込むことで、グループに人が追加されていく。全員が参加し終えたら、幹事は「支払う」というボタンから支払いに進む。支払い方法は「LINE Payカード」「LINE Payカード」「QRコードスキャン」から選ぶことができる
  6. 支払いが終了したら、幹事は参加者に割り勘の金額を要求することができる。基本的に金額は人数で割った金額が出されるが、「詳細を確認」というボタンから個人で割り勘額を変更することもできる。「この人は遅れて参加したから安くしておこう」ということも可能
  7. 幹事から割り勘の換金要求が来たら、参加者は支払いを済ませる。LINE Payを選択した人はLINE Pay上で、現金を選択した人は直接幹事に現金を支払う

LINE Payでの割り勘の手順はこのようなものになります。

QRコードを読み込んだり、グループに参加したり、支払い方法を選択したりと少々面倒な部分はあるかもしれませんが、現金での支払いと比較すればかかる手間はかなり少なくなります。

上記のやりかたでも割り勘は可能ですが、もっと簡単な方法で割り勘ができます。

2人や3人で食事をし、誰かがまとめて支払いをすませてくれた場合はこの方法が便利です。

2~3人で割り勘する手順
  1. ウォレットの画面の左上にある「送金」をタップ
  2. 送金する相手を選ぶ。名前を入力する検索窓が上の方に設けられているのでそれを使うと便利。送りたい相手が見つかったらタップし、チェックをつける
  3. 送金金額を入力し、「次へ」をタップする
  4. 任意でメッセージを入力して送金を押す

これで送金は完了です。

誰が支払いを終えたかの確認が必要な大勢での割り勘時は1つ目の方法が便利ですし、支払うべき人が明確にわかる少人数の割り勘時は2つ目の方法がいいでしょう。

場面に合わせて使いやすい方法を選択してみてください。

LINE Payの割り勘する2つの手順
  1. 大勢で割り勘する手順
    QRコードを読み込んだり、グループに参加したり少し面倒な点がありますが現金支払いに比べると簡単です
  2. 2~3人で割り勘をする手順
    こちらの方が簡単です。

場面に合わせて使い分けていきましょう。

スポンサーリンク

端数もきっちり割り勘できます

現金での割り勘は端数が曖昧になってしまうことが多いですよね。

1488円のときなど、「細かいのがないから1500円払う」という人もいれば「1400円でいい?」なんて言う人もいたりして、結局誰かが得して誰かが損してしまいます。

しかしLINE Payではこのような心配はいりません。

細かい端数もきっちり計算してくれますし、1円単位での送金も可能なのです。

これはグループを作成する方法と個人に送金する方法の両方に対応していますので、どちらの場合も端数がうやむやになることはありません。

スポンサーリンク

くじキャンペーンとは?

くじキャンペーンは、LINE Payで100円以上の決済をした人にくじを配るというものです。

4月1日から4月30日までの期間で行われるこのくじは、1円から最大で200円の金額が当選し、なんとはずれはありません

3月に行われていたくじは当選金額が10円から2000円となっていたので少々見劣りしてしまうところはありますが、今回のくじ大きなポイントは「はずれなし」。

必ず1円はキャッシュバックされる仕組みです。

1日に配られるくじの数に限度があったり、くじが開封できる期間が決められていたり、チケットやタバコなど対象外の商品があるという注意点はありますが、必ず1円はキャッシュバックされる仕組みです。

また、くじの当選結果の画面から「平成最後に買い残したもの」をハッシュタグつきでツイートすると、抽選で200人に5000円相当のLINE Pay残高が当選する「Wチャンスキャンペーン」というものも実施されます。

スポンサーリンク

まとめ

LINE Payの割り勘機能を使うための条件や割り勘の手順、端数やくじキャンペーンについてまとめます。

  • LINE Payの割り勘機能を使うための条件
  1. お金をLINEにチャージする
    コンビニATMや銀行口座からチャージをしておく必要があります
  2. 本人確認をする
    本人確認とは銀行口座との連結です。本人確認をすることによって利用できるサービスが増えます
  • 本人確認をしていないと利用できないサービス
    • 送金…LINE内で友達となっている人に送金することができる 
    • 割り勘…複数の友人同士で金額を割り勘することができる 
    • 決済…店舗やネットショッピングの支払いにLINE Payを使用できる
    • 引き出し…LINE Payを引き出すことができる *このときのみ手数料がかかります
  • LINE Payの割り勘する2つの手順
    • 大勢で割り勘する手順
      QRコードを読み込んだり、グループに参加したり少し面倒な点がありますが現金支払いに比べると簡単です
    • 2~3人で割り勘をする手順
      こちらの方が簡単です。
      場面に合わせて使い分けていきましょう。
  • 割り勘機能では端数もきっちり割り勘できます
  • くじキャンペーンとははずれがないくじです

現金での割り勘に煩わしさを感じている人や、日々の買い物で少しでもキャッシュバックを期待したいという方はぜひLINE Payに登録してみてください。

LINE Payでの支払いに慣れてしまったら、もう現金での支払いや割り勘には戻れなくなるかもしれません。