• LINE Payの登録で必要な書類は何?
  • LINE Payの登録で準備することは?
  • LINE Payカードの発行方法は?
  • LINE Payを使用する際の注意点は?
  • LINE Payを使用できる店舗は?

以上の疑問を当記事で解決できます。

LINE Payの登録を考えている方は記事内容をしっかり理解した上で行うことをおすすめします。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

LINE Payの登録に必要なものリスト

結論から言いますと、LINE PayはLINEを利用していれば誰でも利用ができます。

必要なものは特にありません。

本人確認をしない場合は、LINECashアカウントとして使用することができます。

本人確認をしていないので、チャージ額や買い物できる金額などが制限されてしまいます。

ただ必要な書類は一切ないので、LINECashアカウントとしてLINEPayを使用している人も多いです。

しかし、以下ような機能を使いたい場合は本人確認をする必要があります。

  • 友人にLINEで送金をしたい
  • LINE Pay残高を出金したい

では、本人確認の方法を解説していきます。

LINE Pay本人確認の方法
  1. 銀行口座の登録

本人確認を行う方法は「銀行口座の登録」のみです。

この時に銀行口座の通帳やキャッシュカードを持っていないと正確な情報を登録することができません。

そして本人確認として役割を果たすことができなくなるので、気を付けないといけません。

また銀行口座の登録で本人確認をする場合、LINEPayが指定している銀行口座を所持していないといけません。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの銀行口座に対応している反面、地方銀行などには対応していない場合があります。

残念ながら地方銀行の銀行口座しか持っていない人は、このように銀行口座の登録を実施できない恐れがあるので対応している銀行口座を把握することが重要です。

LINE Payが対応している銀行一覧(2019年4月18日現在)
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • 肥後銀行
  • 愛知銀行
  • 青森銀行
  • 秋田銀行
  • 足利銀行
  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • 岩手銀行
  • SBJ銀行
  • 愛媛銀行
  • 大垣共立銀行
  • 香川銀行
  • 北九州銀行
  • 北日本銀行
  • 紀陽銀行
  • 京都銀行
  • きらやか銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行
  • 高知銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 山陰合同銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 荘内銀行
  • 親和銀行
  • 十六銀行
  • 常陽銀行
  • 仙台銀行
  • 大光銀行
  • 第三銀行
  • 第四銀行
  • 大東銀行
  • 筑邦銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中京銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 東北銀行
  • 東和銀行
  • 徳島銀行
  • 栃木銀行
  • 鳥取銀行
  • トマト銀行
  • 長野銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 百五銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福井銀行
  • 福岡銀行
  • 福島銀行
  • 北越銀行
  • 北都銀行
  • 北洋銀行
  • 北陸銀行
  • 北海道銀行
  • 三重銀行
  • みちのく銀行
  • 武蔵野銀行
  • もみじ銀行
  • 山形銀行
  • 山口銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行

ただ銀行口座の登録を完了さえできれば、LINEPayのチャージをスムーズに行えるようになります。

登録した銀行口座から直接チャージすることができるので、あっという間にチャージを行える利点が発生します。

LINE Payの登録に必要なものリスト
  • 必要なものは特にありません
  • もし銀行口座の登録を行えば以下の機能が利用できます
    • 友人にLINEで送金ができる
    • LINE Pay残高を出金できる
  • 銀行口座の登録に対応していない銀行もあるので確認が必要です
スポンサーリンク

発行方法がとてもシンプルなLINEPayカード

LINEPayカードの発行は決して難しくなく、簡単な発行手順になっているのが大きな特徴です。

LINE Payカードには以下の2種類が存在しています。

LINE Payカード2種類
  1. バーチャルカード
  2. プラスチックカード

それぞれの発行方法を解説していきます。

1.バーチャルカード

まずはバーチャルカードの場合、カード申込画面でバーチャルカードを選択すればすぐに発行することができます。

この時にパスワードを設定することになるので、忘れないように覚えておくことが必要です。

2.プラスチックカード

LINEPayはプラスチックカードも発行でき、カード申込画面でプラスチックカードを選択します。

そしてカードのデザインを選択する画面に移行するので、好きなデザインを選択しましょう。

そしてデザインを決めたら名前の他に電話番号や住所などの情報を入力していきます。

この時に誤った情報を入力してしまうと正しく発行することができなくなるので、注意しなくてはいけません。

以上の情報を入力して申込を確定すれば、一定期間経過後にLINEPayのプラスチックカードを入手できます。

ただ即日発行する訳ではなく、ある程度の期間が必要になります。

その時の状況にもよるのですが約1週間から2週間ほどの期間が必要になるので、LINEPayカードのプラスチックカードを入手したい人は早目に申込することが必要です。

LINEPayカードが使えるお店は全国に存在している様々なコンビニやスーパーで使用でき、高い利便性が保たれています。

発行するまでに期間が必要という部分があるのですが所持することができれば、様々な買い物をLINEPayカードで実施することが可能です。

発行方法がとてもシンプルなLINEPayカード
  • LINE Payカードの発行は簡単です
  • LINE Payカードには2種類あります
    1. バーチャルカード
      すぐに発行できます
    2. プラスチックカード
      発行まで1週間~2週間ほどかかります
スポンサーリンク

LINEPayを使用する時に注意しないといけない二つのポイント

LINE Payを使用する時の注意点は以下の2点です。

LINE Payを使用する時の注意点2つ
  1. オートチャージ
  2. 問い合わせ

1.オートチャージ

LINEPayを使用する時に気を付けないといけないのがまずオートチャージになります。

LINEPayにはオートチャージ機能が搭載されており、一定の金額以下になった場合に登録した銀行口座から勝手にチャージする機能です。

とても便利な機能で、不足した時はあっという間にチャージしてくれるのでスムーズな支払いを実現してくれます。

しかし設定を誤ってしまうと勝手にチャージする機能なので、使いすぎてしまう恐れがあります。

何時の間にか銀行の口座からどんどんお金が無くなってしまい、深刻な状況に発展する恐れがあります。

そのような状況を回避するため、オートチャージの設定を正しく行うことが必要です。

オートチャージの設定を使いすぎないようにすることで、いつの間にか銀行口座に預けていたお金が無くなるという状況を避けられます。

2.問い合わせ

もう一つは問い合わせをする時に電話もしくはメールで対応していないのが実態です。

何か緊急事態が発生した場合、LINEPayだと問題報告フォームから連絡するしかないです。

状況によっては迅速に対応できない恐れがあります。

極力緊急事態を発生させないようにLINEPayカード及びLINEPay登録をしているスマホを紛失しないようにしっかりと管理することが必要です。

もしログインされそうになっても二段階認証機能を採用しているので、不正にログインすることは難しいです。

またLINEPayカードを紛失した時は、設定のLINEPayカードですぐに利用停止にすることができます。

このように二つの注意点が存在しているので、LINEPayを使用する時は注意点を把握した中で利用することが求められてきます。

LINE Payを使用する時に注意しないといけない2つのポイント
  1. オートチャージ
    設定と理解が正しくないと、無駄使いをしてしまいます
  2. 問い合わせ
    メールや電話で問い合わせができないので緊急事態の操作を事前に確認しておきましょう
スポンサーリンク

様々なお店で使用することができるのがLINEPay

多くの人が利用しているLINEPayなのですが色んなお店で使用できるのが特徴です。

ローソンやファミリーマートなどのコンビニで使用できるだけではなく、ビッグカメラやソフマップなどの家電量販店でも使用できるのがLINEPayです。

その他にもセカンドストリートやライトオンなどのファッション店でも使用できる高い利便性が確立されています。

ZOZOTOWNやSHOPLISTなどのネットショップでも使用することができ、気軽に使えるように配慮されています。

また多くの居酒屋でも使用することができるのがLINEPayで白木屋や魚民など全国各地に出店しており、高い知名度を誇っている居酒屋でも問題なく使用することが可能です。

阪急百貨店やビッグエコーなどのデパートやカラオケでも使えるので、すでに多くの人がLINEPayを使用している状況です。

現状に満足することなく、更に使えるお店を拡大しているのがLINEPayになります。

現時点でLINEPayを使うことができないお店も将来は、使用できる可能性が生まれてきます。

このような将来性が高い部分に関してもLINEPayは、多くの人から評価されている部分で使用する人が年々増えています。

請求書支払としてLINEPayを使えるケースも少しずつ増えているので、これまで以上に便利な使い方を選択できる可能性を秘めています。

→LINE Payが使えるお店はこちらで確認できます