当記事ではSMS認証対応していないスマホや格安スマホでもオリガミペイを利用できるのかどうか解説していきます。

記事は下に続きます。

SMS認証対応してないスマホは使えない

オリガミペイのアカウント登録手続きの際に本人確認のため認証番号の入力を求められるのですが、その番号はSMSメールで送られます。

そのためスマホにSMSメールを受信する機能がないとオリガミペイの利用はできません。

SMSメール機能を標準で備えていないスマホや格安スマホでオリガミペイを使う場合、このSMS機能が問題になります。

現在販売されているスマートフォンでSMS機能に対応していない機種はほとんどありません。

そのためSMS機能に対応していないスマホに関しては心配しなくて大丈夫です。

ただ、格安スマホはSMSが標準で利用できるとは限らないので注意が必要です。

数多くの種類がある格安スマホですが、そのどれもがSMS機能はオプションになっています。

月額料金に150円ほど追加してSMSオプションを付けないとオリガミペイの登録時にSMS認証ができません。

3大キャリアとは大きく異なるところですが気づかない方も多く、格安スマホを使ってオリガミペイに登録する際のトラブルのひとつです。

本人確認の手段としてSMSメールが使われることは一般的ですから、これから格安スマホを契約される方はSMSオプションを忘れず付帯させるようにしてください。

すでに利用中の格安スマホにSMSオプションを付けていない場合、そのままではSMS認証ができません。

そこで新たにSMSオプションを追加契約することになります。

しかし、契約している格安スマホやプランによっては途中からSMSを有効にできないものもあります。

現在契約中のプランがSMSを有効にできないタイプなら、一度解約して利用可能なプランに変更しましょう。

オリガミペイはSMS認証対応していないスマホや格安スマホは使えない?
  • オリガミペイを利用するにはSMSメールが必須です
  • SMS機能に対応していないスマホ機種はほぼありません
  • SMS機能が付いていない格安スマホの場合はSMSオプションを追加しましょう

オリガミペイを利用する際の必要条件

SMS機能以外にもオリガミペイを使うために必要なものがあります。

適切なスマートフォンを購入できるよう、ここで諸条件を確認してください。

オリガミペイを利用す条件
  • スマートフォンを所有している
    • バージョン・カメラ機能
  • インターネット回線に接続されている

まず大前提としてオリガミペイを利用できるスマートフォンを所有している必要があります。

Android OSかIOSを搭載した機種で、それぞれのOSのバージョンがAndroidは5.0以上、IOSが10.0以上である必要があります。

OSのバージョンに制限があるのはアプリを正常に動くことを確認するためです。

デバイスの機能としてはカメラ機能を備えていることが求めらます。

これは支払いの際にQRコードをスキャンするためです。

最近はスマートフォンを中古で購入することも一般的になりましたが、その場合にはカメラが問題なく機能しているか確認してください。

そしてオリガミペイの登録作業を行うために、デバイスはインターネット回線に接続されている必要になります。

使用するインターネット回線の通信速度は特別問題にはなりませんが登録作業をスムーズに済ませるために安定性は重要です。

次はオリガミペイの登録手続きに必要なものを紹介します。

オリガミペイの登録手続きに必要なもの
  • メールアドレスまたはFacebookアカウント
  • スマートフォンの電話番号
  • クレジットカードか銀行口座

メールアドレスは登録作業以外にもオリガミペイのサービスや契約内容に関して通知があるので利用中のものを使ってください。

メールアドレスの入力が面倒ならFacebookアカウントを使うこともできます。

スマートフォンの電話番号は現在利用中のものを用意します。

この電話番号宛にSMSメールが送信されますから、登録時にこの電話番号で登録してあるスマートフォンを傍らに置いておきましょう。

最後はオリガミペイの支払いに利用するクレジットカードか銀行口座が必要になります。

いずれもオリガミペイで利用できるものに制限があるので注意してください。

まずはクレジットカードですが、利用できるブランドはVISAとMastercardのみです。

Amexカードや日本でおなじみのJCBカードは残念ながら使えません。

使えるカードを持っていない場合はカードの支払い銀行口座を登録するか、新しくカードを作ることを検討してみてください。

銀行口座にも制限があり、次の一覧にある銀行の口座しか利用することができません。

オリガミペイで登録できる銀行口座
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 青森銀行
  • 三重銀行
  • 大垣共立銀行
  •  SBJ 銀行
  • 仙台銀行
  • 百五銀行
  • みちのく銀行
  • 佐賀銀行
  • イオン銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • りそな銀行
  • 朝日信用銀行

以上がオリガミペイを利用する際の必要条件です。

オリガミペイを利用する際の必要条件
  • スマートフォンを所有している
    • バージョン(Androidは5.0以上、IOSが10.0以上
    • カメラ機能を備えている
  • インターネット回線に接続されている

オリガミペイを利用する際に必要なもの

  • メールアドレスまたはFacebookアカウント
  • スマートフォンの電話番号
  • 以下のいずれか
    • クレジットカード(VISAとMastercardのみ)
    • 銀行口座(一覧参照)

    格安スマホでの注意点

    格安スマホでもオリガミペイは問題なく利用できますが、より気持ちよく使うためにはいくつか気をつける点があります。

    3点紹介しますので格安スマホ選びの参考にしてください。

    格安スマホでの3つの注意点
    1. 回線品質に注意
    2. 端末で利用できる周波数帯に注意する
    3. OSのバージョンが古い端末は避ける

    それぞれを解説していきます。

    1.回線品質に注意

    格安スマホは、お昼や5時以降に回線速度が低下することがあります。

    オリガミペイは支払い処理を済ませるのにインターネット回線を使うので回線が混雑しているとうまく処理が完了しないことがあります。

    回線品質で悩みたくないなら大手キャリアのサブブランドと契約することをお勧めします。

    2.端末で利用できる周波数帯に注意する

    田舎でオリガミペイを使うならスマートフォンがいわゆるプラチナバンドに対応していないと使えないケースも出てきます。

    格安スマホは中古で購入したスマートフォンを利用することができるのですが、こういったデバイスにはプラチナバンドに対応していないものも少なくありません。

    周波数帯でトラブルになりたくない場合は格安スマホ事業者が公式サイトで販売しているスマートフォンを購入して利用するのが賢明です。

    3.OSのバージョンが古い端末は避ける

    格安スマホはかなり古い端末でも利用できるケースが多いです。

    しかし古い端末は対応しているOSのバージョンがオリガミペイが推奨するものに達していないことがあります。

    端末によってはOSのアップグレードにも対応していないので、オリガミペイを正常に利用することができません。

    なるべく発売から3年以内の機種を利用するようにしてください。

    格安スマホでの注意点
    1. 回線品質に注意
      回線速度が低下する場合があります。大手キャリアのサブブランドとの契約がおすすめです。
    2. 端末で利用できる周波数帯に注意する
      格安スマホ事業者が公式サイトで販売しているスマホがおすすめです
    3. OSのバージョンが古い端末は避ける
      なるべく発売から3年以内の機種を利用しましょう

    まとめ

    当記事の内容をまとめます。

    • オリガミペイを利用するにはSMSメールが必須です
    • SMS機能に対応していないスマホ機種はほぼありません
    • SMS機能が付いていない格安スマホの場合はSMSオプションを追加しましょう
    • オリガミペイを利用する条件
        • スマートフォンを所有している
          • バージョン(Androidは5.0以上、IOSが10.0以上
          • カメラ機能を備えている
        • インターネット回線に接続されている
    • 格安スマホでの注意点
      • 回線品質に注意
        回線速度が低下する場合があります。大手キャリアのサブブランドとの契約がおすすめです。
      • 端末で利用できる周波数帯に注意する
        格安スマホ事業者が公式サイトで販売しているスマホがおすすめです
      • OSのバージョンが古い端末は避ける
        なるべく発売から3年以内の機種を利用しましょう

    オリガミペイに限らず、多くのキャッシュレス決済アプリを利用する際に当記事の条件が必要になると思います。

    是非参考にしてください。