今回は、電子決済サービスであるOrigami Pay(オリガミペイ)の加盟店になる必要性や普及率について情報をまとめました。

簡単にオリガミペイについて説明しますと、このオリガミペイサービスを提供している会社はベンチャー企業のOrigamiになります。

Origamiと聞くとピンとくる方もおられるかもしれませんが、さまざまなマネービジネスを先行して動かそうとしてきたかなりの剛腕社長が運営している会社です。

注目のキャッシュレス決済です。

記事は下に続きます。

オリガミペイの普及率

そんなオリガミペイについて、まず他社と比較したデータや普及率について説明します。

オリガミペイの普及率

まず、電子決済サービスをスタートしたのは2016年です。

これは他の電子決済サービスと比べても比較的早い形でのサービス開始です。

当初はブルートゥースでの利用を進めていましたが、現在は他のサービス同様のQRコード利用のサービス展開をしています。

ダウンロード数について非公開としており、登録者ユーザも現在は不明です。

PayPayの普及率

他のサービスと比較してみますと、まず最近勢いにのってるPayPayですが、2018年にサービスを開始するやかなりの規模で拡大をしています。

ユーザ数は700万人を突破したと公表されており、決済手数料0%を武器に広めています。

ちなみに、電子決済認知度は1位だそうです。

LINE Payの普及率

つづいては、人気SNSサービス提供会社が運営しているLINE Payです。

LINE Payは登録者数3000万人と言われており、サービス開始時期も2017年と早いです。

LINEサービスとの連携があり、電子決済サービスも登録している方が多い印象です。

使い勝手が良いのは、このサービスなのではないでしょうか。

楽天Payの普及率

大手ネット販売サービス楽天が提供している楽天Payについて、最近勢いを伸ばし楽天ポイントと相関が取れるサービスで話題になっています。

サービスを提供したのが2016年です。

利用者数は非公開ですが、楽天会員が莫大な人数がおり、そこに依存して登録している数が多いと言われています。

Bank Payの普及率

横浜銀行、福岡銀行、そしてゆうちょが参加しているBank Payは2019年秋からスタートすると言われています。

銀行との絡みがつよく、銀行との入金サービスがやりやすいのではと話題です。

ゆうちょPayの普及率

ゆちょは、ゆうちょ独自のゆうちょPayというサービスを展開しています。

2019年5月スタートのゆうちょPayはまだまだ浸透がしておらず、まだ登録者数もそこまで多くはないようです。

オリガミペイの普及率まとめ

他のキャッシュレス決済と比較すると、オリガミペイはベンチャー企業ながら早くから電子決済サービスに目を付け、認知度を伸ばしてきたしっかりした会社であると言えます。

導入店舗は100,000店舗に上り、今後の普及率は期待できます。

他のサービスと比べると扱っている店舗数の多さがメリットであると言えます。

オリガミペイの加盟店のメリット

オリガミペイでは、データの取りまとめに定評があり、お店側に大きなメリットがあると言われています。

たとえば、オリガミ社が提供している「Origami Connect」というツールを利用することで、過去のデータをもとにお客様をカテゴリー分けしれくれます。

これで、新規、リピートなどのユーザ分けを行い、運営のやり方につなげてくれるのです。

管理自体も非常にシンプルで、分かりやすいと評判です。

一番のメリットはアフターフォローであり、お店に沿った内容のフォローをしてくれると評判です。

オリガミペイのメリット
  • 過去のデータをもとにお客様をカテゴリー分けするなど、データの取りまとめに定評がある
  • 管理自体もシンプルで分かりやすい
  • 店舗ごとに合ったフォローをしてもらえる

オリガミペイの主な加盟店一覧

オリガミペイが利用できる主な加盟店は以下の通りです。

→オリガミペイ決済対応の店舗はこちら

既に様々なお店で利用が進められています。

数にして100,000店舗以上のお店が利用しています。

ちなみに、一覧リストはネットで検索すると情報が上がってきます。

しかし一番正確な情報はアプリで検索する方法です。

位置情報を許可することで、利用できるお店を探すことができます。

個人経営のお店も、この地図検索でヒットさせることができるのでお困りの場合一度チェックしてみてください。

公式ホームページでも一覧は載せずに、この地図検索を勧めています。

今後のオリガミペイ

現在、様々な電子決済サービスが浸透してきており、いわゆる電子決済戦国時代に入ってきています。

利用するユーザにとって重要になるのは、アプリの使いやすさ、そしてお金をキチンと管理してくれるシステム上の安心設計です。

いまのところ、オリガミペイで大きな問題は見られていませんし、アプリの使いやすさについてはネットなどで評判になるほどです。

今後は、このメリットを活かしながら利用者が増えてくるかもしれません。

今後に期待しましょう。