LINEPayカードの還元率のルールが変更になったことが話題になりました。

  • LINEPayの還元率は悪くなったのか
  • LINEPayの還元率を最大にする裏技があるって本当?
  • LIENPayカードのメリットをわかりやすく理解したい

これらの疑問を分かりやすく解説していきます。

記事は下に続きます。

LINEPayカードの還元率

LINEPayカードの還元率は最大2%です。

以前は加盟店で利用すればもれなく2%のポイント還元があり、他の電子決済と比べて非常に還元率に優れた決済方法でした。

しかし2018年10月1日以降制度が変更になり、1ヶ月間に LINEPayを利用した支払い金額でマイカラーが決まるようになりました。

そしてそれぞれのカラーランクによってLINEポイントの還元率が変更されるようになったのです。

以下に1ヶ月の利用金額とマイカラーのルールを紹介します。

利用金額によるカラーランク一覧
  • 1万円未満:ホワイト:0.5%
  • 1万円~5万円未満:レッド:0.8%
  • 5万円~10万円未満:ブルー:1%
  • 10万円以上:グリーン:2%

以上のように還元率のルールは変更になってしまいましたが、それでも LINEPayをたくさん利用する方にとっては魅力的な決済方法であることに変わりはありません。

LINEPayカードの還元率
  • LINEPayカードの還元率は最大2%です
  • 以前はもれなく還元率2%でした
  • しかし2018年10月以降は1か月間のLINEPayで支払いした額によってランクが決まり、ランクによって還元率が異なります
    • 1万円未満:ホワイト:0.5%
    • 1万円~5万円未満:レッド:0.8%
    • 5万円~10万円未満:ブルー:1%
    • 10万円以上:グリーン:2%
  • しかし、還元率が変更になった今でもLINEPayにはメリットがあります

還元率を最大にする裏技

実はLINEPayの還元率を最大にする方法があるのでご紹介します。

LINEPayは2018年8月1日~2019年7月31日の1年間はQRコード支払いを利用した場合、「マイカラーで設定されたポイント還元率にさらに3%追加」というキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンを利用すると、例えばマイカラーがグリーンの人の場合であればなんと5%ものポイント還元率になるのです。

一番利用金額が低い、マイカラーがホワイトの人でもポイント還元率3.5%になりますから、このサービスを積極的に利用しない手はありませんね。

→LINEPayキャンペーンの公式ページはこちら

そして貯まったポイントの還元率を最大限に利用することを考えた場合、貯まったLINEポイントをどのように利用するかも非常に大切な点です。

貯まったLINEポイントはセブンイレブンで利用できるnanacoポイントなどに交換することもできますし、LINEPayを経由すれば現金化することも可能です。

しかし1,000LINEポイントをnanacoポイントに交換する場合、nanacoポイント900ポイントと交換になってしまいます。

またLINEポイントをLINEPay経由で換金する場合、手数料が216円必要になるのです。

このように他のポイントへの交換レートや必要な手数料までを考えると、LINEポイントはLINEPayへ交換し、LINEPayの残高として追加しておくのが最もお得な方法と言えるでしょう。

還元率を最大にする裏技
  • LINEPayの還元率を最大にする方法があります
  • お得なキャンペーンが開催されることがあります
  • またLINEポイントの利用方法も非常に重要です
  • LINEポイントはLINEPayの残高として追加するのが最もお得と言えます

LINEPayカードのメリット

LINEPayカードには素敵なメリットがたくさんあります。

主なLINEPayカードのメリットをまとめていきます。

メモ

LINEPayカードのメリット

  • LINEPayカードがあればクレジットカードがなくてもLINEモバイルの契約ができる
  • 利用明細がスマートフォンで確認できる
  • LINEアプリ上から利用停止ができる
  • 最大2%のポイント還元がある
  • オートチャージ設定でチャージの手間なし
  • 使いすぎを防げる
  • 10万円までなら保証される

それぞれを解説していきます。

LINEPayカードがあればクレジットカードがなくてもLINEモバイルの契約ができる

LINEモバイルはLINEPayカードをクレジットカードと同格のような扱いをしています。

そのためLINEPayカードをクレジットカード同様にLINEモバイルの利用料金に充てることができるのです。

LINEPayは利用金額によってポイント還元率が異なりますから、LINEモバイルの利用料金を LINEPayで支払えるのは非常に魅力的だと言えるでしょう。

そしてLINEPayカードは未成年でも作ることができますから、LINEモバイルは未成年でも契約することができるのです。

利用明細がスマートフォンで確認できる

LINEPayカードは残高だけではなくチャージの履歴や利用明細もスマートフォンで確認することができます。

LINEPayカードを使って決済すれば設定したLINEのトークに利用内容がリアルタイムで表示されます。

この機能があればもしLINEPayカードを紛失してしまった場合でも安心ですし、誰かに盗まれて悪用されたときでもすぐに気が付くことができるでしょう。

不正利用されても警察に証拠として提出することができますし、なにより使用履歴が持ち主に分かってしまうというのは不正利用の大きな抑止力になることでしょう。

LINEアプリ上から利用停止ができる

クレジットカードを紛失した場合、カードを使えないようにするためにはカード発行会社のサービスデスクに電話連絡しなければいけません。

しかしLINEPayカードであれば、紛失してしまった場合はLINEアプリを使って自分で簡単に利用停止ができるのです。

最大2%のポイント還元がある

LINEPayカードには最大2%のポイント還元があります。

その他の電子決済はどんなに還元率が高くてもせいぜい1%程度ですし、0.5%というものもたくさんあります。

そんな中、最大2%のポイント還元というのは非常に魅力的ですよね。

たった数%と思うかもしれませんが「塵も積もれば山となる」ということわざもあるように、日々の買い物で利用するのであれば馬鹿にできません。

例えば年間10万円分を電子マネーで決済する場合を考えてみれば、たかが1%の差とはいえその差は1,000円にもなります。

特別手間がかかることをするわけでもなく電子決済をLINEPayカードにするだけでよいのですから、これは絶対LINEPayカードを使わないと損だと言えるでしょう。

オートチャージ設定でチャージの手間なし

LINEPayカードはプリペイドカードですから残高が少なくなったらチャージする必要があります。

しかし事前に銀行口座を割り当てておくと、残高が指定した額になるとオートチャージしてくれるようになります。

オートチャージ設定をすれば残高が少なくなるたびにわざわざチャージするという手間がなくなりますから、指定した口座に残高さえあればプリペイドカードなのにまるでクレジットカードのように利用することができてしまうのです。

使いすぎを防げる

LINEPayカードはプリペイドカードです。

基本的にチャージされている金額以上を利用することはできませんし、銀行口座を設定していたとしてもその口座に残高がなくなればそれ以上利用することができません。

つまり、クレジットカードは借金ですがLINEPayカードは借金ではありません。

あくまでも自分の持っているお金から支払っているだけなのです。

10万円までなら保証される

万が一LINEPayカードが不正に利用されてしまった場合でも10万円以内であれば保証の対象です。

LINEPayカードのメリット
  • LINEPayカードがあればクレジットカードがなくてもLINEモバイルの契約ができる
    つまり未成年もLINEモバイルの契約ができます
  • 利用明細がスマートフォンで確認できる
    残高、チャージ履歴、利用明細が確認できます
  • LINEアプリ上から利用停止ができる
    紛失した場合、自身で利用停止にできます
  • 最大2%のポイント還元がある
    ちりも積もれば山となります
  • オートチャージ設定でチャージの手間なし
    残高が指定した額になるとオートチャージされます
  • 使いすぎを防げる
    自分の持っているお金から支払っているだけで借金ではありません
  • 10万円までなら保証される
    万が一不正利用されても10万円までなら保証されます

まとめ

こういった LINEPayカードメリットを考えると、LINEPayカードは私たちが日々の支払いに利用するのもお勧めですが、例えばお子さんのお小遣いにLINEPayカードを与えるという使い方もできるのではないでしょうか?

毎月のお小遣いを元気で渡すのではなくLINEPayカードにチャージしてあげればOKです。

利用明細はスマートフォンで確認できますから、お子さんがどこで幾ら利用したかが一目瞭然です。

LINEPayカードの利用停止もスマートフォンで簡単にできますから万が一落としてしまった時も安心ですし、「何か悪いことをした時に罰としてお小遣いを停める」なんてペナルティもできちゃいます。

そして何よりこれから日本でもキャッシュレス化がどんどん進んで行くはずですから、小さいうちから電子決済サービスに慣れておくのもよいのではないでしょうか?