LINEペイカードを利用するには事前にLINEペイ口座へのチャージが必要です。

しかし何らかの理由でLINEペイカードにチャージできない場合はどうすればいいのでしょうか?

今回は、LINEペイカードにチャージできないときの解決方法を紹介します。

チャージ額が決済金額を下回っているとチャージ不足で決済できません。

そのためLINEペイカードを便利に使うにはLINEペイ口座に十分な金額をチャージしておく必要があるのですが、何らかの理由によりLINEペイ口座にチャージできないケースが見られます。

チャージできない原因はいくつか考えられます。

あわてずひとつひとつ確認し落ちついて対処してください。

記事は下に続きます。

LINEペイカードにチャージできない原因

LINEペイカードにチャージができない原因として以下が考えられます。

LINEペイカードにチャージができない原因
  1. LINEペイカードが利用停止になっている
  2. LINEペイカードが解約されている
  3. 銀行で障害が発生している
  4. 残高不足
  5. 券面のキズや破損
  6. チャージ上限に達している

それぞれを詳しく解説していきます。

1.LINEペイカードが利用停止になっている

LINEペイカードは不正利用を防止するための方法としてアプリからの操作で一時的に利用を停止することができます。

もしLINEペイカードが利用停止状態になっていると決済だけでなく LINEペイカード経由を使っての店頭やATMからチャージができなくなります。

LINEペイカードが利用停止になっているかはアプリから簡単に確認できます。

LINEペイのホーム画面で「設定」をタップし「LINEペイカード」をタップすると「カードステータス」という項目が表示されます。

カードステータスに「利用中」という表示があればLINEペイカードが有効になっていますが「利用停止中」と表示されている場合はLINEペイカードが一時的に利用停止状態になっています。

「利用停止中」と表示されている部分をタップすればステータスは「利用中」にかわってLINEペイカードが使えるようになります。

利用中であることを確認したらもう一度チャージを試してみてください。

2.LINEペイカードが解約されている

LINEペイカードはアプリからの操作で簡単に解約可能です。

知らない間にLINEペイカードが解約されることはまずありませんが、一般的なクレジットカードなどに比べると解約手続きが非常に簡単なため誤操作によって本人がそうと知らずにLINEペイカードを解約してしまう可能性はゼロではありません。

LINEペイカードにチャージできないときは解約されていないか確認しましょう。

LINEペイカード発行済みのアカウントではLINEペイアプリの画面でカード番号が表示されています。

カード番号の表示がされていない場合はLINEペイカードが発行されていない、もしくは解約済みです。

LINEペイカードを発行しているのにカード番号の表示がない場合は何らかの理由によりLINEペイカードが解約されています。

LINEペイカードは再発行も可能ですが一度解約してしまうとカード番号は変更になるので手元にあるプラスチックカードの券面は無効となります。

再びLINEペイカードを使うには新たに発行を申し込んだプラスチックカードが手元に届くまで待たなくてはいけません。

3.銀行で障害が発生している

LINEペイでは登録手続きを完了した銀行口座から入金できます。

アプリからの操作のみで入金できるのでスマホ端末さえあればコンビニやATMに出向かなくてもチャージが出来て便利なのですが、銀行口座からのチャージはLINEペイ側だけでなく銀行側の処理も行われるため銀行側に問題があると正常にチャージできません。

銀行のオンラインシステムに障害や不具合など何らかのトラブルが発生しているとLINEペイカードにチャージできません。

LINEペイやLINEペイカードに問題がないのに口座からのチャージが出来ないときは銀行で障害が発生していないか確認してください。

チャージできない原因が銀行側のトラブルであった場合はその他の方法でチャージが可能です。

コンビニレジやATMからのチャージなら問題なくできるので急いでいる場合はそれらの方法でチャージしてください。

4.残高不足

LINEペイは銀行口座からチャージできますが、チャージ操作で指定した金額よりも口座残高が少ないとチャージできません

LINEペイにも銀行システムにも問題がないのに口座からのチャージができないときは口座残高を確認してください。

残高不足によりチャージできない場合は十分な残高になればチャージできるようになります。

コンビニレジやATMからも問題なくチャージできるので、口座に入金して残高不足を解消するか別の方法でチャージしてください。

5.券面のキズや破損をチェック

LINEペイカードを使ってセブン銀行ATMでチャージする場合はLINEペイカードのプラスチックカードをATMに挿入して操作します。

このときLINEペイカードの券面にキズや破損があるとATMがカードを読み取れず正常にチャージができないことがあります。

券面のキズや破損が理由でLINEペイカードによるチャージに失敗するケースではスマホのQRコードによるチャージや銀行口座からのチャージであれば正常に完了します。

しかし、LINEペイカードにキズや破損があるとチャージだけでなく決済でもエラーが出る可能性があります。

券面にキズや破損が確認できるときはすみやかにサポートに連絡して再発行を依頼してください。

なお、券面を利用せずカード番号だけで決済するネットショッピングであれば問題なく利用できます。

6.チャージ上限に達している

LINEペイ口座に入金可能な金額は上限が設定されています。

銀行口座を登録していない「LINE Cash」アカウントでは10万円まで、銀行口座を登録し本人確認が完了しているを「LINE Money」アカウントでは100万円までがチャージ上限です。

チャージ予定の金額が上限を超えてしまう場合はチャージできません。

「LINE Cash」アカウントの場合は銀行口座を登録することで上限を拡大できますが「LINE Money」アカウントの場合は100万円以内になるようにチャージ金額を調整してください。

以上の6つがLINEペイカードにチャージができない原因として考えられます。

LINEペイカードにチャージできない原因
  1. LINEペイカードが利用停止になっている
    簡単に「利用中」に変更できます
  2. LINEペイカードが解約されている
    滅多にないケースですが、簡単に解約ができるのでご操作によって解約されてる可能性があります
  3. 銀行で障害が発生している
    銀行側に問題がある場合があります
  4. 残高不足
    口座残高が少ないとチャージができません
  5. 券面のキズや破損
    傷や破損が原因でチャージができない場合もあります
  6. チャージ上限に達している
    当たり前ですが、チャージしたい金額が上限を超えてしまうとチャージはできません

チャージ方法による上限金額の違いに注意

LINEペイは提携店の店頭レジなどいろいろな場所でチャージが可能ですが、チャージ方法によって上限金額が異なります。

例えば

  • ファミマのfamiポートでは299000円まで
  • ローソンのレジチャージは49000円まで
  • セブン銀行ATMでは500000円まで

上限金額はバラバラです。

上限金額を超えるはチャージできません。大きな金額をチャージするときは場所ごとの上限金額に注意してください。

チャージ方法による上限金額の違いに注意

提携店によってチャージの上限金額は異なりますので場所ごとの上限金額に注意が必要です。

どうしても解決できない場合

チャージできない原因が特定できないときはLINEペイのサポートに連絡してください。

LINEペイのサポートはメールかチャットによるオンラインサポートのみで電話による問い合わせはできません。

アカウントの情報やチャージに失敗した状況など必要な情報をまとめてサポートに連絡し対処方法を相談してください。

どうしても解決できない場合

LINEペイのサポートに連絡しましょう。

 LINEペイカードを使うためにチャージは必要なの?

LINEペイカードを使うには事前にLINEペイ口座にお金をチャージしておく必要があります。

クレジットカードと同様に利用できるLINEペイカードですが一般的なクレジットカードが先に決済を行って利用金額を後日支払うのに対し、LINEペイカードは事前に入金した金額内で使えるプリペイド方式となっています。

事前入金が完了していればJCBのクレジットカード払いに対応した店舗やネットショッピングでも使えるのでLINEペイ払いに対応していない場所でもLINEペイ口座から支払うことができます。

チャージ金額内であれば一般的なクレジットカードと全く同じように使えるのがLINEペイカードの特徴です。

定期的な引き落としが発生する支払いではプリペイドタイプのクレジットが利用できないケースもありますが、それ以外では通常のクレジットカードと同様に便利に決済できます。

LINEペイカードを使うにはチャージが必須です。

まとめ

LINEペイカードにチャージできないトラブル解決策についてまとめます。

  • LINEペイカードにチャージできない原因
    1. LINEペイカードが利用停止になっている
      簡単に「利用中」に変更できます
    2. LINEペイカードが解約されている
      滅多にないケースですが、簡単に解約ができるのでご操作によって解約されてる可能性があります
    3. 銀行で障害が発生している
      銀行側に問題がある場合があります
    4. 残高不足
      口座残高が少ないとチャージができません
    5. 券面のキズや破損
      傷や破損が原因でチャージができない場合もあります
    6. チャージ上限に達している
      当たり前ですが、チャージしたい金額が上限を超えてしまうとチャージはできません
  • チャージ方法による上限金額の違いに注意
    提携店によってチャージの上限金額は異なりますので場所ごとの上限金額に注意が必要です。
  • どうしても解決できない場合
    LINEペイのサポートに連絡しましょう。
  • LINEペイの利用にはチャージが必須です

解決ができない場合はサポートに連絡をとり、早く解決することが大切です。