記事は下に続きます。

スポンサーリンク

セブンペイの返金エラーとは

「セブンペイ」の名称を聞くと、開始早々の不正アクセス問題を思い返す方も多いのではないでしょうか。

最近の電子マネー業界では、割引サービスが乱立し利用者の奪い合いをしている風潮です。

セブンペイは割引サービスなどの還元サービスについてはあまり話題に登らず最初の勢いから失速しているイメージがありました。

その傷跡が大きく響いたのか、セブンペイは2019年9月30日24時をもって全てのサービスが終了となりました。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス公式サイトより

セブンアンドアイでは、現在終了したサービスの対応をしています。

皆さんに一番関わってくるのは、セブンペイにチャージしてしまった未使用金残高の返金問題についてだと思います。

ここではセブンペイの未使用残高の返金について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

払い戻しの対象になる条件

まず、払い戻しの対象となっている人は以下の通りです。

払い戻しの対象になる方
  • 2019年9月30日(月)24時まで、7payのユーザーであった方で、かつその時点での7payマネー残高を1円分以上保有していた
  • 2019年9月30日(月)まで、7payの不正利用について当社が別途行っております被害補償の手続を取っていない

    以下の人は払い戻しの対象外となりますので注意が必要です。

    払い戻しの対象外の方
    • 2019年9月30日(月)までに7ID会員を退会した
    • 2019年9月30日(月)までに7payを退会した
    • 2019年9月30日(月)時点の7pay残高が0円
    • 2020年1月10日(金)までに払戻し申出をしていない
    • 7payご利用者様ご本人である確認がとれない

      こちら側の不備がなければ、当然のことですが払い戻しの対象となるようです。

      ですが、ここで注意しなければならないのが申告できる期日が決まっているということです。

      スポンサーリンク

      払い戻しの申請期限と払い戻しの期限

      払い戻しの申請期限は2019年10月1日火曜日から2020年1月10日金曜日までとなっています。

      払い戻し対象の方はなるべく早めに申告した方が良いでしょう。

      そして、気になるのは払い戻しの期限についてです。

      大切なお金ですし、こちらの不備はなく勝手にサービス終了となったため、一刻も早く返して欲しいものですが…

      セブンペイのHPを確認すると、早くても2019年11月中旬からの払い込みになる様子です。

      またセブンペイのパスワードを忘れてしまった方や、再設定が出来ない方に関してはもう少し後の払い戻し対応になるそうです。

      セブンペイに残った未使用金残高の払戻金の受け取り方法についてもお伝えします。

      スポンサーリンク

      払戻金の受け取り方法

      払戻金の受け取り方法
      1. 口座に振り込んでもらう
      2. ゆうちょ銀行または郵便局で受け取る

        まず一つ目があなたが指定した口座に振り込んでもらう方法です。

        二つ目がゆうちょ銀行または郵便局で受け取る方法です。

        この方法の場合は、指定した住所にセブン・ペイ社より払出証書が送られてくるので、お近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に本人確認書類を提示して現金を受け取らなければなりません。

        フリーダイヤルに問い合わせたところ、現段階では特に期日は設けておらず出来るだけ早く受け取り下さいと回答されました。

        1と2では払い戻しのタイミングは変わりはないのでお好みの方法で良いでしょう。

        未使用残高を返金してもらうための手順

        あっけなく終わったセブンペイのサービスですが、未使用金残高が残っている方も多いはず。

        ここでは、セブンペイの未使用金残高の返金方法をおさらいしてみましょう。

        返金してもらうためには2つの申請方法があります。

        返金の申請方法
        1. 「7pay払戻し申出フォーム」へ記載して申請する
        2. セブンイレブンアプリを立ち上げて申請する

          1.「7pay払戻し申出フォーム」へ記載して申請する

          セブンペイHPにある「7pay払戻し申出フォーム」へ記載して申請する方法が面倒でない方法です。

          ですが、こちらはセブンペイ利用者であることの確認作業に時間がかかるため、11月下旬頃の払い戻し対応しかできない様子です。

          株式会社セブン&アイ・ホールディングス公式サイトより

          2.セブンイレブンアプリを立ち上げて申請する

          サービスが推奨している払い戻し方法のもう一つが、セブンイレブンアプリを立ち上げて申請する方法です。

          セブンイレブンアプリを立ち上げ、ホーム画面下部の「7pay残高・履歴確認」ボタンをタップします。

          そうすると画面上部に「7payマネー残高の払い戻しはこちら」の文字付きリンクが出てくるのでそちらをタップしてください。

          払い戻しフォームが出てくるので画面上部の「利用登録」ボタンをタップします。

          「個人情報の取り扱いについて」を読んでから「次へ」ボタンをタップしましょう。

          ご自身のメールアドレス/電話番号・ログインパスワードをご入力して確認のち、「送信」ボタンをタップすると、入力したメールアドレスにセブンイレブンから認証番号(何桁かの数字)が記載されたメールが届きます。

          ※パスワードが不明・再設定が出来ない方は、先程のHPから申請フォームに記載する方法でOKです。

          再度セブンイレブンアプリ払い戻しフォームまで戻ります。

          メールに記載の確認番号を入力し、「認証」ボタンをタップします。

          ※ここで、パスワード上のユーザーIDがすでに打ち込まれていますが、自動入力となっていますのでそのまま触らないでください。

          認証ボタンをタップすると「sms用確認番号:〇〇〇〇〇〇 このメッセージは7pay払い戻しサポートセンターから配信しています(以下略)」と文面が入ったショートメッセージが、あなたの先ほど登録した電話番号のスマホに届きます。

          再度、セブンイレブンアプリの払い戻しフォームまで戻ります。

          先ほど届いたショートメッセージに載っていた番号を入力したら、「認証」ボタンをタップします。

          これで、ようやく払い戻し申請が完了します。

          払戻金を受け取り損ねて悔しい思いをしてはいけませんので早めに申告して終わらせたいものですね。