近年では普段から財布を持ち歩かない人も増えていますよね。

現金ではなくてもスマホがあれば決済ができるので、ちょっと出かけるときも荷物が少なくてすむので楽です。

今話題のキャッシュレス決済PayPayは、スマートログインの設定をしないと利用できないという噂は本当でしょうか。

当記事ではペイペイのスマートログインの設定と確認方法について紹介していきます。

ペイペイのメリットや注意点なんかも書いていくので、ペイペイがどんなものなのか知ってくだいね。

また、ペイペイのキャンペーンの紹介もしていきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

スマートログイン設定とは?

スマートログインとは、スマホなどを使って連携しているサイトに自動ログインができるものです。

このサービスは利用料が無料ですが設定をしないと利用できないようになっています。

提携先は現在、Yahoo!JAPAN三井住友海上火災保険ソフトバンクコマース&サービス株式会社の3社です。

スマートログイン設定をしておけばソフトバンクのスマホなどから自動でログインできるようになるので、サイトを利用する人には便利ですね。

これはソフトバンクが展開しているサービスなので、他の通信会社を利用していると利用できません。

ソフトバンクであればスマホではなくてもタブレットでも利用することができますよ。

スマートログイン設定とは?
  • サイトに自動ログインできる設定をスマートログイン設定と言います
  • 利用料は無料です
  • 以下が提携しています
    1. Yahoo!JAPAN
    2. 三井住友海上火災保険
    3. ソフトバンクコマース&サービス株式会社
  • ソフトバンクのサービスなので他の通信会社では利用できません

 

スポンサーリンク

ペイペイのスマートログイン設定のメリット

スマートログイン設定をしていると、提携先でのログインが簡単になるのでメリットがあります。

ですが単にログインが楽になるというだけではなく、ペイペイを使おうと思っている人にもメリットがあります。

ペイペイに新規登録すると500円相当、Yahoo!JAPANのスマートログイン設定をしているソフトバンクとワイモバイルを使っている人であれば更に500円相当のPayPay残高(PayPayで利用できる金額)を貰うことができるのです。

Yahoo!JAPANのスマートログイン設定をしているソフトバンクとワイモバイルであればペイペイ残高1,000円相当分、それ以外のキャリアなら500円相当分がもらえるということですね。

もちろん大手のキャリアではなく格安SIMなどでもキャンペーン対象となるので、利用しようか考えている人にはお得です。

このキャンペーンは2019年3月末までとなっています。

延長される場合もあるようですが、念の為にこの期限内に登録しておくと安心ですね。

ソフトバンクユーザーならスマートログインの設定、もしくはワイモバイルサービスの初期登録が必要になることは覚えておいてください。

ペイペイのスマートログイン設定のメリット
  • ペイペイに新規登録すると500円相当のPayPay残高が貰えます
  • 更に、スマートログイン設定をしているソフトバンクとワイモバイルを使っている人は500円相当のPayPay残高が貰えます
  • 2019年3月末までのキャンペーンです

→キャンペーンの詳細はこちら

スポンサーリンク

ペイペイはスマートログイン設定をしないと使えない?

ペイペイとは、ソフトバンクとヤフーが設立したスマホ決済サービスです。

もちろんソフトバンクやワイモバイル以外のドコモやau、格安SIMなど他のキャリアでも利用することができますし、スマートログイン設定をしていなくても利用することができますよ。

ペイペイとスマートログイン設定は全く別物なので誤解しないようにしておきましょう。

ですがペイペイを使うにはYahoo!JAPANのIDがあると便利です。

ペイペイは利用額の20%還元といったキャンペーンを行っていたのですが、スマートログイン設定を行っていると還元される確率が上がるキャンペーンも行っていました。

現在はキャンペーンを行っていませんが、またこの先あるかもしれません。

ですからペイペイを利用するのであれば、スマートログインを設定をしていた方がお得になっていますよ。

設定は簡単ですし、デメリットも特にないのでPayPayを利用するのならスマートログイン設定はおすすめです。

ペイペイはスマートログイン設定をしないと使えない?
  • ペイペイはソフトバンクやワイモバイル以外のキャリアでも利用できます
  • ペイペイとスマートログイン設定は別物です
  • ペイペイを利用するならスマートログイン設定をしておいた方がお得です

 

スポンサーリンク

ペイペイのスマートログイン設定方法

ではスマートログインの設定方法を紹介していきます。

大きく分けると以下の2パターンがあります。

スマートログイン2つの設定方法
  1. Wi-Fi接続なしで設定する場合
  2. Wi-Fi接続して設定する場合

それぞれを解説していきます。

1.Wi-Fi接続なしで設定する場合

Wi-Fi環境なしでスマートログインの設定をする場合、まずはソフトバンクのホームページなどにあるQRコードからログインしていきます。

するとスマートログインのページに飛ぶので、「設定する」をチェックしていきましょう。

次にヤフーのIDを登録していきます。

既にIDを持っている人は「ご利用中のIDではじめる」を選択し、新しくIDを作って利用するなら「新しいIDではじめる」をチェックしましょう。

IDを入力して設定を確認したら、次は確認コードが届くのでその番号を入力して「同意して登録する」をチェックします。

既にIDを持っている場合は確認コードは必要がないので、そのまま同意して登録していきましょう。

2.Wi-Fi接続して設定する場合

Wi-Fiを利用してスマートログイン設定をする場合、ソフトバンクのホームページにあるQRコードを読みこんでいきます。

これはWi-Fiを使っていても使っていなくても同じですね。

次に携帯番号を入力する画面にいくので、番号を入力して「送信する」をチェックします。

するとその番号に確認番号が送られてくるので、確認番号を入力して「次へ」をチェックしていきます。

最後に同意をして登録完了となります。

ここではQRコードからの設定方法を紹介しましたが、もちろんコードではなくても登録することはできますよ。

ペイペイの画面からもスマートログイン設定のページに飛べるようになっていますし、もちろんペイペイアプリをダウンロードしてからでもOKです。

設定は難しくないので、普段から普通にスマホを使っている人なら問題なく登録することができますよ。

ペイペイのスマートログイン設定方法
  • スマートログイン設定方法は以下の2パターンあります
    1. WiFi接続以外の接続で設定する
    2. WiFi接続で設定をする
  • 設定は簡単です

→ソフトバンクのスマートログイン設定方法はこちら

→ワイモバイルの初期設定方法はこちら

PayPayの利用方法と利用できるお店

ペイペイの登録は簡単です。

アプリをダウンロードして電話番号とパスワードを入力し、あとは送られてくる確認コードを入力するだけです。

お店で実際に利用するときはレジで専用のQRコードを読み取り、支払いをしていきます。

ここまでは電子マネーの支払いと同じような感じなので、そんなに戸惑うはことはなさそうです。

ただし支払う金額を自分のスマホに入力しないといけませんから、その点が電子マネーとの違いです。

その金額をスタッフに確認してもらい、スマホから決済をすると支払いが完了します。

そしてペイペイが利用できるお店ですが、コンビニや居酒屋、ホテルなどの施設、チェーン店の居酒屋、家電量販店、タクシーなどです。

主な店舗は以下です。

  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 魚民
  • 白木屋
  • 和民
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ヤマダ電機

他にも多数あります。

現在も利用できるお店は増えていますから、この先もっと利用しやすくなりそうですよ。

→ペイペイが利用できる店舗の最新情報をチェックする

PayPayの注意点

ペイペイはスマホ決済ができる便利なアプリですが、注意しておくこともあります。

では2点、注意点を書いていきます。

まず1つ目ですが、ペイペイは高額利用になると本人確認が必要になってきます。

高額とは、ここでは「3万円以上」の金額のことです。

本人確認はペイペイを使って支払いをするときに提示することになるので、お店で本人確認ができるものを見せましょう。

ペイペイで認められている本人確認書類
  1. 学生証
  2. 運転免許証
  3. 日本国パスポート
  4. 外国パスポート
  5. マイナンバーカード
  6. 在留カード
  7. 健康保険証
  8. 特別永住者証明書

上記の8点のいずれかを提示してください。

3万円以内であれば基本的には身分証などの提示は求められませんが、3万円以上の買い物をペイペイで支払いするときは忘れないように持参しておきましょう。

2つ目の注意点は、どこでも使えるわけではないということです。

使用できるお店は増えていますが、まだ限られています。

電子マネーなども世界中すべての店舗で使えるというわけではありませんよね。

それと同じように「ペイペイ対応店」でしか利用することができないので、そのことは頭に入れておくようにしましょう。

PayPayの注意点
  • ペイペイは3万円以上の利用の場合本人確認書類が必要です
  • ペイペイで認められている本人確認書類は以下の8点です
    1. 学生証
    2. 運転免許証
    3. 日本国パスポート
    4. 外国パスポート
    5. マイナンバーカード
    6. 在留カード
    7. 健康保険証
    8. 特別永住者証明書
  • ペイペイ対応店はまだまだ今後増えていきます

 

ペイペイのデメリット

ペイペイはスマホ決済アプリなので、落としてしまうと不正利用されてしまう可能性も考えられます。

クレジットカードを落としたようなものなので、ペイペイ携帯電話紛失専用に問い合わせてペイペイの利用を停止するようにしていきましょう。

その他のアプリもスマートログイン設定によって不正にログインされる可能性が十分にあります。

まずはスマートフォンをロックするなどして日ごろから不正利用防止策を行っておきましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • サイトに自動ログインできる設定をスマートログイン設定と言います
  • 利用料は無料です
  • 以下が提携しています
    1. Yahoo!JAPAN
    2. 三井住友海上火災保険
    3. ソフトバンクコマース&サービス株式会社
  • ソフトバンクのサービスなので他の通信会社では利用できません
  • ペイペイに新規登録すると500円相当のPayPay残高が貰えます
  • 更に、スマートログイン設定をしているソフトバンクとワイモバイルを使っている人は500円相当のPayPay残高が貰えます
  • 2019年3月末までのキャンペーンです
  • ペイペイはソフトバンクやワイモバイル以外のキャリアでも利用できます
  • ペイペイとスマートログイン設定は別物です
  • ペイペイを利用するならスマートログイン設定をしておいた方がお得です
  • スマートログイン設定方法は以下の2パターンあります
    1. WiFi接続以外の接続で設定する
    2. WiFi接続で設定をする
  • 設定は簡単です
  • ペイペイは3万円以上の利用の場合本人確認書類が必要です
  • ペイペイで認められている本人確認書類は以下の8点です
    1. 学生証
    2. 運転免許証
    3. 日本国パスポート
    4. 外国パスポート
    5. マイナンバーカード
    6. 在留カード
    7. 健康保険証
    8. 特別永住者証明書
  • ペイペイ対応店はまだまだ今後増えていきます
  • スマートログイン設定にはデメリットがります
  • スマホを紛失した場合、不正利用される危険があるのでスマホをロックしておくなど、日ごろから不正利用を防ぐ設定をしておきましょう

ソフトバンクとワイモバイルはペイペイと相性が良いです。

ソフトバンクとワイモバイルユーザーは上手に賢くペイペイを利用して得したいですね。

しかし、不正利用などを防止することを忘れないでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。