ペイペイではセキュリティをより強化するために3Dセキュアを利用することを推奨しています。

3Dセキュアを利用すれば、不正利用防止になりますし、ペイペイの支払い可能額が増額されます。

当記事では、3Dセキュアとは何か?設定方法などを解説していきます。

記事は下に続きます。

ペイペイの3Dセキュアとは?

ペイペイが新たに導入した3Dセキュアとは、クレジットカードのセキュリティの1つです。

過去にペイペイではクレジットカードによる不正利用が発生しており、その再発防止として取り入れました。

過去にクレジットカードの番号を入力した上でのセキュリティコードの総当たりが可能な状態だったので、本来なら正規の所有者のみが知っているはずのセキュリティコードの入力では本人確認になっていませんでした。

そのため、確実に本人だけが知っている情報を入力する3Dセキュアの導入に踏み切った次第です。

クレジットカードの各ブランドは、自社の顧客を守るために独自のセキュリティを実施しています。

ペイペイでも導入した3Dセキュアは各ブランドがそれぞれ統括しており、具体的にはクレジットカード会社によって運営されている状態です。

したがって、クレジットカードの登録や3Dセキュアの設定についてペイペイに質問することはできても、パスワードの変更などのシステム的なことは各クレジットカード会社に直接問い合わせるしかありません。

インターネット上での決済ではお互いに顔を合わせずに行うので、成りすましを防止する仕組みの1つとしてぜひ利用したいセキュリティです。

オンライン決済で3Dセキュアを利用すると、パソコンやスマートフォンからのネットショッピングでクレジットカード会社による本人認証が可能になります。

クレジットカードは磁気部分やICチップによって真偽を判断しているものの、読み込ませる端末がないオンライン上ではカード番号などの固有の情報と裏面のセキュリティコードによって識別している状態です。

ゆえに、その両方を入手している場合は、カードの所有者とは無関係の第三者がデータを入力することでネットショッピングの決済を実行できてしまう可能性があります

クレジットカード会社による3Dセキュアは、カードの情報を全て知っている悪意がある人物をシャットアウトする最後の防壁です。

現代社会では様々なシーンでクレジットカードによる決済ができる反面、支払いのために他人に預けることが多くなります。

カードを読み込ませる時にさり気なく端末に近づけてのデータの取得や、目視でカード番号をチェックする等の手口が増加しており、もはやセキュリティコードの存在についても周知の事実になりつつあるのが現状です。

しかし、3Dセキュアを利用することで、自分だけが知っている情報によって本人認証を行えます。

リアルでは信頼できる店舗でのみカード払いにすれば事足りますが、オンラインではWEBサイト上の情報だけで信頼性を判断するので3Dセキュアによる本人認証が欠かせません。

→ペイペイ公式サイトでの3Dセキュア詳細はこちら

ペイペイの3Dセキュアとは?
  • クレジットカードのセキュリティの1つです
  • 3Dセキュアはクレジットカード会社による本人認証が可能です
  • 3Dセキュアはクレジットカードの不正利用を防止します
  • オンラインでは3Dセキュアによる本人認証が欠かせません

ペイペイの3Dセキュア設定方法

各クレジットカード会社のホームページで、事前に3Dセキュアの設定を行っておくことが必須です。

カードの所有者がIDとパスワードを入力するとログインできる専用の画面があり、3Dセキュアの設定についても行えます。

利用状況のチェックや支払いの分割といった様々な手続きが可能だから、あまりログインしていない方はこの機会にチェックしておきましょう。

クレジットカード会社によって名称が違っており、ネットショッピングの認証サービスといった表現が多いです。

ログインするためのパスワードをそのまま使用するか、別で発行されるワンタイムパスワードによって3Dセキュアの認証が完了します。

ペイペイに登録済みのクレジットカードの3Dセキュア設定

ペイペイに登録済みのクレジットカードでは、お支払い方法で該当するカードを呼び出し、本人認証の部分を選択することで3Dセキュアの設定へと画面が変わります。

出てきた3Dセキュアの画面でパスワードを入力したら、本人認証が完了したというお知らせと共にペイペイのお支払い方法へと戻ってくる流れです。

事前にクレジットカード会社のホームページで設定をしておけば、5分もかからない簡単な作業となります。

複数のクレジットカードを登録している場合は、忘れずに全てのカードについて本人認証を済ませておきましょう。

新規でクレジットカードをペイペイに登録する場合

新規のクレジットカードでは、お支払い方法として新しくカードを追加します。

クレジットカードの追加から入力画面に遷移して、カード番号と有効期限、セキュリティコードを入力した後に自動的に3Dセキュアの画面に変わります。

クレジットカード会社のホームページで登録しておいたパスワードを入力したら、追加完了のお知らせが表示されて終了です。

入力ミスを予防するために、手元のクレジットカードをしっかり確認しながら入力しましょう。

いったん登録が完了したら、以後は支払方法として自動的に機能します。クレジットカードには有効期限があるので、自分がどのカードを登録しているのかを定期的にチェックして、漏れなく情報の更新を行うことが大切です。

シームレスにつながっていますが、ペイペイで3Dセキュアの画面が表示されたら、そこだけはクレジットカード会社の管轄です。

WEBサイトでは他社のサービスをオンラインで呼び出せる仕組みがあり、ペイペイの公式サイトでも3Dセキュアのパスワードを入力する画面はカード会社のページと表記しています。

自分がペイペイとクレジットカード会社のどちらのWEBサイトにいるのかを把握しておけば、不明な点があってもスムーズに問い合わせができるのです。

ペイペイが3Dセキュアのパスワードを聞いてくることはあり得ないので、万が一聞かれても教えないように気をつけましょう。

もしも3Dセキュアのパスワードを忘れてしまった場合は、自分が契約しているクレジットカード会社に問い合わせる必要があります。

ペイペイの3Dセキュア設定方法
  • 以下のそれぞれのケースで手順が異なります
    • ペイペイに登録済みのクレジットカードの場合
    • これからクレジットカードの登録をペイペイにする場合
  • 3Dセキュアのパスワードを忘れたなどの問い合わせはペイペイではなく、クレジットカード会社に行いましょう

ペイペイの3Dセキュアで何が変わるの?

3Dセキュアによって、セキュリティが強化される以外に何が変わるのか解説していきます。

ペイペイのクレジットカードによる利用上限が上がる

ペイペイで3Dセキュアによる本人認証を済ませると、クレジットカードの支払いにおける上限がアップします。

過去30日間で5万円、過去24時間では2万円という暫定的な制限から解放されるので、ペイペイのメリットを最大限に活用できるのです。

本人認証が完了したら過去30日間で25万円になるので、使えば使うほどお得になるペイペイを存分に利用できます。

ただし、クレジットカードの与信にもよるので、自分が利用できる金額について改めて確認しておきましょう。

ペイペイの利用上限は全てのクレジットカードの合計なので、複数の登録をしても枚数分だけ増えるわけではありません。

ペイペイ残高のチャージが可能になる

一部のクレジットカードでは、3Dセキュアによる本人認証を行うのがペイペイ残高へのチャージの条件です。

直接チャージできるのは一部の提携カードだけで、ペイペイをよく利用するのならば新たに審査を申し込むだけの価値があります。

実際にクレジットカードからペイペイ残高へチャージするには、アプリの最新バージョンへの更新も必要です。

チャージの上限金額は、過去30日間で25万円となっています。

クレジットカード会社による3Dセキュアがあると、オンラインショッピングや店舗での決済が安全になります。

ペイペイでは3Dセキュアによる厳重なチェックがあるので不正利用の恐れがほとんどなく、安心して色々な支払いで使えます。

本人認証のサービスとして特に費用はかからないので、自分の大切な信用を守るために活用しましょう。

ペイペイを利用する時には3Dセキュアによる本人認証の有無で利用金額が大きく変わるので、素直に3Dセキュアの手続きをしておいた方がスマートです。

自分が所有しているクレジットカードの与信や利用状況をリアルタイムでチェックすれば、異常が発生しても早期発見になります。

ペイペイとは違う立場であるクレジットカード会社のチェックが入るので、3Dセキュアには高い信頼性があります。

しかし、IDとパスワードをきちんと管理していないと、せっかくのセキュリティも十分な効果を発揮できません。

他のオンラインサービスと共通のパスワードを使用しているケースで不正利用の被害が多発しているので、くれぐれもパスワードの使い回しをしないように注意しましょう。

分かりやすい単純なパスワードについても同様で、数字と文字を組み合わせる等の複雑ですぐには解析できない内容にするのがポイントです。

誰でも見られる位置に紙に書いて貼らないことや、定期的にパスワードを変更することも心がけておきましょう。

ペイペイの3Dセキュアで何が変わるの?
  • ペイペイのクレジットカードによる利用上限が上がります
  • ペイペイ残高へのチャージが可能になります
  • 3Dセキュアによって、決済がより安全になります
  • 3Dセキュアの設定に費用はかかりません
  • パスワードの使いまわしはしないようにしましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • ペイペイの3Dセキュアとはクレジットカードのセキュリティの1つです
  • 3Dセキュアはクレジットカード会社による本人認証が可能です
  • 3Dセキュアはクレジットカードの不正利用を防止します
  • オンラインでは3Dセキュアによる本人認証が欠かせません
  • ペイペイの3Dセキュア設定方法
    • 以下のそれぞれのケースで手順が異なります
      • ペイペイに登録済みのクレジットカードの場合
      • これからクレジットカードの登録をペイペイにする場合
  • 3Dセキュアのパスワードを忘れたなどの問い合わせはペイペイではなく、クレジットカード会社に行いましょう
  • 3Dセキュアを設定することで変わる点
    • ペイペイのクレジットカードによる利用上限が上がります
    • ペイペイ残高へのチャージが可能になります
    • 決済がより安全になります
  • 3Dセキュアの設定に費用はかかりません
  • パスワードの使いまわしはしないようにしましょう

面倒くさがらずに3Dセキュアを利用することをおすすめします。

不正利用された後処理のほうが数倍時間も労力も必要です。

数分で悪用を防ぎましょう。