100億円相当のポイントをキャッシュバックするなど、大規模なポイント還元で近年大きな話題となったのが「Yahoo!JAPAN」と「ソフトバンク」が新しく始めた決済サービスであるペイペイです。

100億円還元キャンペーンこそ人気のために早期終了となりましたが、現在でもある特定の店舗で買い物をした際には高還元率でポイントが獲得できます。

通常の買い物でも0.5%の独自ポイント+クレジットカードのポイントを獲得できるため、単純にクレジットカード支払いをするよりもお得に買い物ができます。

このようにシンプルに買い物をしてもペイペイはお得なのですが、少し工夫をするだけでよりお得に買い物ができるようになります。

ペイペイで買い物をする際に最大限ポイントを獲得するための方法などを解説していきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

PayPayの還元率を最大にする方法

まずは通常の買い物でペイペイを利用する場合のポイント還元率を最大にする方法を解説していきます。

ペイペイはkyashを経由するのがおすすめ

ペイペイの基本的な決済方法の中でも特にお得度が高く、多くの人が利用しているのがクレジットカード決済です。

クレジットカードで決済をすることでクレジットカードのポイントも獲得できるため、できるだけ還元率の高いカードを登録することがペイペイをお得に使う基本と考えられます。

還元率の高いクレジットカードを直接ペイペイに登録してもよいのですが、ここでkyashというサービスを間に挟むことでよりお得度が増します。

kyashとはVプリカなどと類似したバーチャル型のVISAプリペイドカードであり、メールアドレスと電話番号を登録することで簡単に発行ができます。

VISAプリペイドカードなのでペイペイを安全に利用するのに非常に役立つのですが、VプリカなどのVISAプリペイドカードは買い物に利用してもポイント還元がないのに対しkyashはVISA加盟店での買い物で利用すると2%分の独自ポイントが獲得できる特徴があります。

加えてkyashは手持ちのクレジットカードから残高にチャージして利用するタイプのVISAプリペイドカードなのですが、クレジットカードからkyashにチャージする際にクレジットカードのポイントも獲得できます。

つまりkyashをペイペイに登録して利用することで0.5%(ペイペイの基本還元率)+2%(kyashの基本還元率)+α(クレジットカードのポイント還元)という高還元率のポイント獲得ができるのです。

仮にkyashにリクルートカードを登録した場合にはクレジットカードのポイント還元率が1.2%となるので、0.5%+2%+1.2%で随時3.7%ものポイント還元を受けることが可能となります。

kyashの登録方法と利用方法

kyashは手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、利用登録を済ませることで利用可能となります。

公式サイトなどからkyashのアプリのダウンロードをおこなったら画面の案内に従って登録作業を進めていきます。

作業と言ってもメールアドレスと電話番号を登録するだけで登録作業は完了しますし、新規登録完了後はすぐにアプリ上にバーチャルVISAプリペイドカードが発行されるので2分から3分程度で利用が可能となります。

もちろんバーチャルカードを発行しただけでは実際の買い物には利用できず、カードにチャージをすることで利用可能となります。

チャージの方法はコンビニやペイジーセブン銀行ATMなど様々な方法がありますが、ここではペイペイでお得に利用することを想定してクレジットカードでのチャージ方法を確認していきましょう。

kyashでは最大5枚のVISAカードやMasterCard、あるいはデビットカードの登録が可能となっています。

カードを登録するためにはkyashのアプリを起動し、ウォレットを開いたら「自動チャージ設定」を選択します。

その後はスマートフォンのカメラが起動しクレジットカードの情報がスキャンできるようになるのでカードをスキャンし「カードの登録」をタップすることで登録が完了します。

もしもうまくスキャンできなかった場合には手動でカードの情報を登録することも可能です。

この自動チャージ設定を済ませておくことでkyashを利用して決済を行った際に自動的に決済金額分が登録してあるクレジットカードから引き落とされるようになります。

なおkyashはバーチャルカードに加えて実店舗でも利用できるリアルカードを発行することも可能です。

ペイペイに登録してkashを利用しようと考えている場合にはリアルカードは不要ですが、ペイペイが利用できるないお店でお得に買い物をしたい場合にはリアルカードを発行するのも有効です。

PayPayの還元率を最大にする方法
  • ペイペイはkyashを経由することでペイペイの還元、kyashの還元、クレジットカードの還元を得ることができます
  • kyashはスマホと専用アプリがあればメールアドレスと電話番号を登録するだけで利用ができます
  • チャージの方法はコンビニやペイジー、セブン銀行ATMからできます
スポンサーリンク

ビックカメラで還元率34%にできるって本当?

ペイペイは特定の店舗で利用した場合にはポイント還元率が基本の0.5%から大きく上がるのですが、期間限定で特にポイント還元率が高くなっているのがビックカメラです。

ビックカメラでは2019年3月31日までペイペイで支払いをすると還元率が20%と非常にお得になるのですが、うまく工夫することで還元率を30%以上にできますし、アプリなどを最大限駆使することでなんと34%ものポイント還元を得ることができます。

ビックカメラで34%ものポイント還元を得るための方法を解説していきます。

34%ものポイント還元を得るための最も基本的かつ重要なのがビックカメラの独自のポイントカードです。

ビックカメラで買い物をする際にポイントカードを提示することで独自のポイントが貰えるポイントカードですが、ペイペイで支払いをする際に提示した場合には8%もの還元を受けることができます。

すでにビックカメラのポイントカードを保有している場合には問題ありませんが、持っていない場合は無料で発行してもらうかスマートフォンにビックカメラのアプリをインストールし、レジで確実に提示しましょう。

またビックカメラの公式アプリをダウンロードするとビックカメラのポイント還元率が3%上乗せされる特別優待クーポンが獲得できます。

ポイントカードを提示する際にこの優待クーポンも合せて提示することでビックカメラの独自ポイントを11%分獲得できます。

さらに支払いの際には先ほど紹介したkyashをメインカードとして登録したペイペイで支払いを行います。

仮にリクルートカードをkyashに登録し、そのkyashをペイペイに登録して決済を行うことでペイペイのポイントとは別にkyashのポイント還元が2%分、リクルートカードのポイント還元が1.2%分獲得できます。

これらのポイント還元率を全て合計しますと次のようになります。

20%(ペイペイのポイント還元)+8%(ビックカメラのポイントカードの還元)+3%(ビックカメラアプリの特別優待クーポンの還元)+2%(kyashの還元)+1.2%(リクルートカードの還元)=34.2%

このようにビックカメラで買い物をした際のポイント還元率が合計で34%以上となることが分かります。

単純にペイペイで買い物をしても20%の還元となるので十分お得ですが、少し工夫をこなすだけでよりお得に買い物ができるようになるため、ぜひ実践することをおすすめします。

なお、ペイペイの還元率は20%と高めですが、1ヶ月あたり最大で5万円相当のポイント獲得が上限となっている点に注意が必要です。

ビックカメラで還元率34%にできるって本当?
  • ビックカメラでPayPayを利用すれば還元率34%も可能です
  • ビックカメラの独自のポイントが重要です
  • ビックカメラのポイントカードを無料で発行してもらうか、アプリをインストールしましょう
  • ペイペイの1か月のポイント上限は5万円相当と定められています
スポンサーリンク

まとめ

当記事の内容をまとめました。

  • PayPayの還元率を最大にする方法
    • ペイペイはkyashを経由することでペイペイの還元、kyashの還元、クレジットカードの還元を得ることができます
    • kyashはスマホと専用アプリがあればメールアドレスと電話番号を登録するだけで利用ができます
    • チャージの方法はコンビニやペイジー、セブン銀行ATMからできます
  • ビックカメラでPayPayを利用すれば還元率34%も可能です
  • ビックカメラの独自のポイントが重要です
  • ビックカメラのポイントカードを無料で発行してもらうか、アプリをインストールしましょう
  • ペイペイの1か月のポイント上限は5万円相当と定められています

これからは現金だけでは損かもしれません。

使い慣れない電子マネーもどんどん利用してお得に買い物をしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。