大人気な電子マネーのクイックペイ。

実は、クイックペイはANAグループのJCBが提供している電子マネーサービスです。

なので「ANA JCBクレジットカード」「ANA アメリカンエキスプレスクレジットカード」といった“ANAカード”を利用してクイックペイでの支払いをするとマイルを貯めることができます。

クイックペイでマイルを効率的に貯めるポイントは二つあるので調べたことを紹介しますね。

クイックペイでマイルを効率的に貯める2つのポイント
  1. ANAカードマイルプラス加盟店での買い物する
  2. クイックペイで利用するANAカードの種類

    それぞれを解説していきます。

    記事は下に続きます。

    スポンサーリンク

    ANAカードマイルプラス加盟店での買い物する

    マイルに交換できるポイントを貯める方法

    クイックペイでマイルを効率的に貯める方法の一つが、“ANAカードマイルプラス加盟店”でクイックペイを利用して買い物すること。

    先程はクイックペイで買い物をするとマイルを貯められるといいましたが、クイックペイを通常の使い方をする場合は正確な表現ではありません。

    正確に表現をすると、“クイックペイで買い物をするとマイルに交換できるポイントを貯められる”となります。

    マイルに交換できるポイントの名称はクレジットカードの種類によって異なります。

    マイルに交換できるポイントの名称
    • JCBの場合
      「Oki Dokiポイント」
    • アメリカンエキスプレスの場合
      「メンバーシップ・リワード」

      マイルを直接貯める方法ならポイントの2重取りも

      しかし、クイックペイでマイルを直接貯める方法もあります。

      その方法で、役立つのが“ANAカードマイルプラス加盟店”です。

      ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを利用してクイックペイで支払いをすると、Oki Dokiポイントやメンバーシップ・リワードの他に、マイルを直接貯めることができます。

      つまり、“ポイントの二重取り”ができるわけです。

      ANAカードマイルプラス加盟店は以下の通りです。

      なお、加盟店によって支払い金額ごとの付与マイル数が違うので注意しましょう。

      ANAカードマイルプラス加盟店
      • ENEOS
        100円ごとに1マイル付与
      • 紳士服コナカ
        100円ごとに1マイル付与
      • KONAKA THE FLAG
        100円ごとに1マイル付与
      • SUIT SELECT(九州,沖縄,山口の店舗は除く)
        100円ごとに1マイル付与
      • DIFFERENCE(九州,沖縄,山口の店舗は除く)
        100円ごとに1マイル付与
      • 東京無線タクシー
        200円ごとに1マイル付与
      • セブンイレブン
        200円ごとに1マイル付与
        スポンサーリンク

        クイックペイで利用するANAカードの種類

        クイックペイで利用するクレジットカードをどの種類のANAカードにするか”も効率的なマイルの貯め方に大きく影響します。

        主なANAカードの年会費やポイントの貯まり方を解説していきます。

        主なANAカードの年会費やポイントの貯まり方
        • ANA JCB 一般カード
          誰にでもおすすめできる汎用的なANAカードが、ANA JCB 一般カードです。ANA JCB 一般カードは、初年度の年会費が無料で、二年目からの年会費も2,000円しかかかません。
          それにもかかわらず、カード入会時や更新時に1,000ポイントのマイルを貰えるサービスがあります。また、OkiDokiポイントの還元率も0.3%~1.0%と高還元率となっています。
        • ANA JCBカード ZERO
          年会費を払いたくないという人には、ANA JCBカード ZEROがおすすめです。
          18歳以上29歳以下限定で5年間入会金や年会費無料で利用できるクレジットカードです。OkiDokiポイントの還元率は0.3%~0.5%と低いですが、入会時に最大35,100マイル貰えるので、効率的にマイルを貯められます。
        • ANA JCB ワイドカード
          ANA JCB ワイドカードは入会金や年会費が7,250円、ポイント還元率が0.3%~0.5%という低還元率という欠点があります。しかし、年間に50万円以上の買い物をする人にはANA JCB ワイドカードがおすすめです。その理由は、JCBカードには“JCB STAR MEMBERS”という利用金額に応じたランク制度があるからです。ランクごとにボーナスポイントとしてOkiDokiポイントを貰えるのですが、ANA JCB ワイドカードならば通常貰えるポイントが10%なところを25%も貰えるようになるので、沢山買い物する人はより効率的にマイルを貯められます。また、ANA JCB ワイドカードは入会時や更新時に2,000マイル貰えます。
        • ANAアメリカンエキスプレスカード
          ANAグループを頻繁に利用する人は、ANAアメリカンエキスプレスカードの利用がおすすめです。このカードは、入会金や年会費が7,000円必要ですが、ポイント(メンバーシップ・リワード)還元率が0.3%~1.0%と高還元率になっています。しかも、ANAグループでの支払いをするとポイント還元率が1.5倍になるので非常に効率的にマイルを貯められます。
        • ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード
          ANAグループ便を頻繁に使う人は、ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードを利用してクイックペイ支払いをするのが効率的です。理由は、ANAグループ便を利用するとフライトマイルの25%を貰えるので効率的にマイルを貯められるからです。ちなみに、入会金や年会費が31,500円必要ですが、ポイント還元率が0.3%~1.0%と高還元率になっています。

        自分の生活スタイルに合うクレジットカードを選んで効率よくマイルを貯めていきたいですね。

        スポンサーリンク

        まとめ

        この記事の内容をまとめます。

        • クイックペイでマイルを効率的に貯めるポイントは二つ
          • ANAカードマイルプラス加盟店での買い物する
            本来なら、支払いで貯まる「Oki Dokiポイント」や「メンバーシップ・リワード」をマイルに交換する手間を省くことができます。
          • クイックペイで利用するANAカードの種類
            カードの種類によってポイントの貯まり方や年会費が異なります。自分の生活スタイルに合うクレジットカードを選択することで効率よくマイルを貯めることができます