ポストペイ型電子マネーのQUICPayは、チャージ不要、タッチするだけでクレジットカード支払いのできる便利な存在です。

そのQUICPayにも種類がいろいろあります。

機能別と、形状別とに種類を分けてご案内します。

いささか複雑に思えるかもしれませんが、よく見れば決してそんなことはありません。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

機能で分類!QUICPayの種類

QUICPayは機能別に大別して、2種類あります。

  • QUICPay(クイックペイ)
  • QUICPay+(クイックペイプラス)

です。

QUICPay+は、QUICPayの制限を撤廃した拡張バージョンですが、モバイル限定です。

スマートフォン以外で使えるのは、基本のQUICPayだけということになります。

その通常のQUICPayには、利用において次の制限があります。

QUICPayの場合
  • 1回の決済の上限が2万円
  • 支払元がクレジットカードのみ

QUICPay+の場合は以下のようになります。

QUICPay+の場合
  • 決済の上限なし(カードの限度額による)
  • プリペイドカード、デビットカード支払いにも対応
  • Apple Pay、Google Payのみで利用できる
  • QUICPay+加盟店のみで利用できる

QUICPay+加盟店は数が限られていますが、これが使えるお店はすべてQUICPay加盟店でもあります。

ですからApple PayやGoogle Pay以外のQUICPayでも利用はできますが、限度額2万円の制限はあります。

LINE Payで使えるQUICPayも、このQUICPay+です。

店舗に出ているQUICPayのロゴの右上に「+」が書かれている店舗が、QUICPay+加盟店です。

続いては、カードタイプ・モバイルタイプ・コイン型など形状別に解説していきます。

スポンサーリンク

決済方式で分類!QUICPayの種類

QUICPayは接触式ですので、タッチができるなら決済機能を果たします。

そのため物理的な形状は自由です。

それを活かして、次のようなタイプがあります。

クイックペイの形状一覧
  • モバイル(おサイフケータイ、Google Pay、Apple Pay)
  • カード
    • クレジットカード一体型
    • QUICPay専用カード
    • QUICPay(nanaco)
  • コイン型
  • キーホルダー型(ANA QUICPay+nanaco)
  • キーホルダー型(スピードパスプラス/新規募集停止)

それぞれについて解説していきます。

QUICPayモバイル

まずモバイルです。

現在、こちらがもっとも利便性が高いものでしょう。

スマートフォンをそのまま利用できますので、申し込んでカードが届くのを待つ必要もありません。

複数の電子マネーやQRコード決済を、1台の端末で併用できるのも大きなメリットです。

多くの決済方法からQUICPayを選べるわけです。

カードタイプのQUICPay

次にQUICPayの基本としてのカードタイプ。

専用カードや、nanacoとQUICPayが選んで使える「QUICPay(nanaco)」などのカードの場合、カード本体を持ち歩かずクレジットカード決済のできるメリットがあります。

カード一体型の場合なら、レジでカードを提示して買い物をするか、自分で端末に接触して決済するかを選べます。

JCBを始め、多くのクレジットカード会社でこのカードタイプのQUICPayを発行しています。

それ以外のQUICPay

それから、特殊な形状のQUICPayもあります。

現在でも持てるのがコイン型のQUICPayコイン

これはJCBカード(オリジナルシリーズ)の会員限定で発行してもらえます。

「ランニング時にリストバンドに装着」「コインケースに入れる」などの使い方が推奨されています。

これを持って出れば、お財布なしでコンビニで買い物ができるわけです。

変わったところでは、ANA QUICPay+nanaco

これは、ANA JCBカード等のオプションですので、誰でも持てるわけではありません。

ANAのロゴの入った尾翼のデザインのキーホルダーです。レジでちょっと自慢できそうです。

最後に、ドライバー向けの「スピードパスプラス」

nanacoも使える、「スピードパスプラスnanaco」もあります。

キーホルダーになっていて、これは特にENEOS等のガソリンスタンドでの決済利便性を追求したものです。

ただ給油に限らず、コンビニ等一般のQUICPay加盟店でも使えます。

残念ながら2019年6月で新規募集を打ち切りました。既存ユーザーは引き続きスピードパスプラスを利用できます。

今後においてドライブ時の給油をスムーズにしたい方は、コイン型を持つといいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

機能別・QUICKPayの種類

  • QUICPay(クイックペイ)
  • QUICPay+(クイックペイプラス)

決済方式別・QUICKPayの種類

  • モバイル(おサイフケータイ、Google Pay、Apple Pay)
  • カード
    • クレジットカード一体型
    • QUICPay専用カード
    • QUICPay(nanaco)
  • コイン型
  • キーホルダー型(ANA QUICPay+nanaco)
  • キーホルダー型(スピードパスプラス/新規募集停止)

それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った種類をセレクトしてください。