Apple Payが使えるようになると、

  • iPhone
  • iPad
  • Apple Watch
  • Mac

などで簡単に買い物ができるようになります。

そんなApple Payを使うならクレジットカードが便利ですが、Apple Payはクレジットカードなしでも利用することが可能です。

Apple Payをクレジットカードなしで使う方法は3つあります。

Apple Payをクレジットカードなしで使う3つの方法
  1. Suicaを利用する
  2. デビットカードを利用する
  3. プリペイドカードを利用する

それぞれ解説していきます。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

Apple Payをクレジットカードなしで使う方法①Suicaを利用する

Apple Payは、交通機関、店舗、オンラインでの利用が可能です。

そして、このApple Payにはお手持ちのSuicaを設定することができます。

Suicaを設定した場合、以下が可能になります。

  • 全国のICマークのある鉄道やバスなどの交通機関
  • 駅の中などにある、Suica利用可能店舗での決済

iphoneのApple PayにSuicaを設定する方法は、次の手順です。

iphoneのApple PayにSuicaを設定する方法
  1. Wallet Appを開き、追加ボタンをタップする
  2. 「次へ」をタップする
  3. 「Suica」をタップする
  4. カード番号欄に、手持ちのSuica裏面に記載されているカード番号下4桁を入力
  5. iphone上部を、カードの中央部の上に置く
  6. 残高が転送されたら操作完了

    この作業をするとSuica残高がiphoneに移動します。

    プラスチックカードは使えなくなりますので廃棄して構いません。

    なお、Suicaのデポジット500円は、Apple Payの残高に追加されます。

    スポンサーリンク

    Apple Payをクレジットカードなしで使う方法②デビットカードを利用する

    2019年8月からは、一部のデビットカードも対応が可能となっています。

    対応となっているのは、以下のデビットカードです。

    • みずほ銀行のMizuho Smart Debit
    • みずほJCBデビットカード

    Mizuho Smart Debitとは、みずほ銀行のアプリであるみずほWalletから発行できます。

    デビットカードはクレジットカードとは仕組みが違います。

    支払いをしたものは口座から即時引き落としとなります。

    そのため、残高を把握しておく必要があります。

    iphoneのApple PayにMizuho Smart Debitを設定する方法は、次の手順です。

    iphoneのApple PayにMizuho Smart Debitを設定する方法
    1. みずほWalletアプリを起動する
    2. 必要事項を登録する
    3. アプリのホーム画面から、「Wallet」を選択
    4. Smart Debitを発行する
    5. 口座との紐付けに必要な情報を入力
    6. Apple Payにカードを追加する
    7. 利用規約に同意

      画面に出てくる手順に従って操作するだけで設定は完了します。

      スポンサーリンク

      Apple Payをクレジットカードなしで使う方法③プリペイドカードを利用する

      便利なApple Payには、プリペイドカードを設定することも可能です。

      ここでいうプリペイドカードとは、「国際ブランドつきのチャージ式の電子マネー」となります。

      以下は、設定可能なプリペイドカードの一例です。

      設定可能なプリペイドカードの一例
      • dカードプリペイド
      • ソフトバンクカード
      • メルペイ
      • VISAプリぺ
      • au WALLETプリペイドカード

      dカードプリペイド、ソフトバンクカード、au WALLETプリペイドカードは12歳以上から作ることができます。

      クレジットカードを持っていない学生でも利用ができるため、かなり便利です。

      ただしプリペイド式であるため、残高が足りなければ使えないため、注意しましょう。

      スポンサーリンク

      クレジットカード以外でApple Payを利用する方法まとめ

      Apple Payの利用にはクレジットカードが必須と考えているかたも少なくありません。

      しかし、実際には、この記事で紹介したように、クレジットカードではなく以下を利用することが可能です。

      • Suica
      • 対応のデビットカード
      • 対応のプリペイドカード

      特にSuicaを所持しているという人は多いと思います。

      また、携帯電話各社が発行しているプリペイドカードを所持している人も多くなっています。

      もしクレジットカードなしでApple Payを利用したい場合は、これらを活用するのがおすすめです。