エアペイのエアレジの導入費用や導入方法、注意点を解説していきます。

エアペイエアレジは個別での導入は可能なのか。

補助金を利用する方法など必見です。

記事は下に続きます。

スポンサーリンク

エアレジとは?導入は必須?

エアレジとは「Airレジ」「AirREGI」とも表記し、iPadまたはiPhoneにエアレジのアプリをダウンロードすることにより、POSレジとして使えるようになるサービスです。

エアレジは株式会社リクルートが提供するアプリで、同社ではスマホ決済サービス「エアペイ」も提供しています。

エアレジとエアペイはそれぞれ連携させて利用することができますが、必ずしも両サービスを一緒に使う必要はなく、それぞれ単独で利用することができます。

エアレジはアプリサービスなので、iPadまたはiPhoneをすでに持っている場合はすぐに利用することができます。

通常のPOSレジのように本体機器を新たに購入する必要はありませんが、オプションとしてレシートプリンターキャッシュドロアバーコードリーダー等の周辺機器を購入すればそれぞれをエアレジと連携させることができ更に便利でスムーズなレジ業務を行うことができるようになります。

エアレジには基本的のような機能があります。

エアレジの機能
  • 注文入力
  • 会計
  • 点検精算
  • 売上分析
  • 顧客管理
  • 商品管理
  • レジ設定
  • 基本情報設定
  • 決済・予約管理サービスとの連携
  • 会計ソフトとの連携

以上があり、単なる会計作業だけではなく売れ筋メニューや在庫の確認もでき、売上の拡大や効率的な店舗運営につなげることができます。

エアレジとは?導入は必須?
  • エアレジとはiPhone・iPadにエアレジアプリをダウンロードすることでPOSレジとして付けるサービスです
  • エアレジとエアペイは単独で利用可能です
  • エアレジはアプリなのでiPhone・iPadを持っている場合はすぐに利用できます
  • エアレジの機能は以下の通りで、単なる会計作業だけではなく売れ筋メニューや在庫の確認もできるので売上の拡大や効率的な店舗運営につなげることが可能です
    • 注文入力
    • 会計
    • 点検精算
    • 売上分析
    • 顧客管理
    • 商品管理
    • レジ設定
    • 基本情報設定
    • 決済・予約管理サービスとの連携
    • 会計ソフトとの連携
スポンサーリンク

エアレジの導入費用は無料・月額料金もなし

エアレジを導入する場合、前述のとおりiPadまたはiPhoneが必要になりますが、エアレジアプリのダウンロードは無料で月額料金等もかかりません

つまり、既にiPadやiPhoneを持っている場合は0円でエアレジを導入することができます。

通常のPOSレジを新たに購入したりレンタルすることを考えると、機器費用や設置費用等を大幅に削減することができ、エアレジを導入するメリットはかなり大きいと言えます。

iPadやiPhoneをこれから購入する、または周辺機器を導入する場合でも条件が揃えば「軽減税率対策補助金」の対象となり、機器費用をかなり抑えることができるようになります。

補助金の対象となるには、以下のような条件が求められます。

軽減税率対策補助金の対象となる条件
  • 飲食店のであり、資本金が5000万円以下である
  • 従業員が50名以下で、且つ軽減税率の対象となる商品・サービス(テイクアウトや出前での飲食料品提供)を取り扱っている

以上が必要です。

補助金の対象に当てはまる場合、実質はiPadは2分の1、周辺機器は4分の1の価格で購入することができます。

例えばiPadが税抜37790円の場合、補助金を利用すると実質18900円に、レシートプリンター税抜36900円が実質9225円になりますので、導入にかかる費用がかなり抑えられます。

但し、機器購入後に補助金の申請をするという流れになりますので、一時的には通常の機器購入代金がかかる点に注意してください。

補助金の申請受付期間は2016年4月1日(金)~2019年12月16日(水)です。エアレジの導入を決めたら早めに手続きした方が良いでしょう。

エアペイアプリのダウンロードはApp Storeから、周辺機器はネットショップか実店舗で購入できます。

ネットショップを利用したい場合は

  • ポンパレモール
  • ビックカメラ.com

実物を見たり相談してから購入したい場合はビックカメラの一部店舗に「Airレジ サービスカウンター」が開設されていますので是非利用してみてください。

エアレジの導入費用は?
  • アプリのダウンロードは無料です
  • iPadやiPhone、周辺機器を導入する場合は軽減税率対策補助金を利用しましょう
  • 補助金を受けるには条件が必要です
  • 機器を自身で購入した後に補助金の申請をするので一時的に出費があります
  • 補助金の申請受付期間は2016年4月1日~2019年12月16日です
  • エアペイアプリ→Appストア
  • 周辺機器→ポンパレモール、ビックカメラ.com、Airレジサービスカウンター
スポンサーリンク

エアレジの使い方

まずエアレジアプリをiPadやiPhoneにダウンロードし、アプリから「AirID」アカウントに登録します。

このアカウント登録は無料で、登録には氏名・メールアドレス・電話番号等の個人情報や店舗情報が必要です。

登録完了後、エアレジの設定作業を行います。

まず店舗で取り扱っている商品について、商品名、カテゴリー、価格、税設定を登録していきます。

商品数が多い場合はCSVデータからの読み込みで一括登録することもできます。

次に、レシートプリンターやバーコードリーダー等の周辺機器を利用する場合は、iPadまたはiPhone側のBluetoothをオンにして接続します。

接続後はそれぞれ正常に動作するかテストしましょう。

エアレジの設定が終わり実際に使用を開始する前には、テストやトレーニングで入力した会計データをすべて削除しておきます。

その後、お釣りの準備金登録、店舗スタッフの設定、担当者設定、準備金の入金を行います。

毎日の開店前には、まず「レジチェック」からレジ内金額とドロア内の金額が合っていることを確認します。

開店後は、「注文入力・会計を行う」から注文の入力や会計作業を行います。

注文入力はパネル内の該当商品をタッチするか、バーコードリーダーを導入している場合はバーコードを読み取って入力します。

会計時は現金はもちろん、エアペイやエアペイQRといったアプリ決済、Squareを利用することによるクレジットカード決済を選ぶことができます。

閉店後には再度「レジチェック」を開き、ドロア内の金額を入力するとジャーナルが印刷されます。

また、売上分析メニューでは来店数や売上金額がグラフで表示され、このデータを会計ソフトなどで活用することができるようになります。

エアレジと連携している会計ソフトには、freeeやMFクラウド会計、FXシリーズ、確定申告ソフトではMFクラウド確定申告や弥生があります。

エアレジの使い方
  1. エアレジをダウンロードする
  2. アプリからAirIDアカウントに登録する(無料)
    • 氏名、メールアドレス、電話番号、店舗情報を入力
  3. エアレジの設定作業
    • 商品名、カテゴリー、価格、税設定
  4. 周辺機器を利用する場合はiPhone・iPadのBluetoothを接続
  5. 正常に動作するかテスト
  6. テストやトレーニングのデータを削除
  7. お釣りの準備金登録、店舗スタッフの設定、担当者設定、準備金の入金
  8. 開店前にレジチェック
  9. 閉店後はレジチェックでドロア内の金額を入力
  10. ジャーナルが印刷される
スポンサーリンク

エアレジ導入の注意点

エアレジを導入する際の注意点を解説していきます。

iPad・iPhone以外はNG

エアレジアプリは、iPad・iPhone以外のタブレット端末やスマートフォンでは利用することができません。

必ずiPad・iPhoneを用意してください。

但し、2018年3月20日以降はiPhone4s、iPad2、iPad(第3世代)、iPad miniは動作端末対象外になっています。

動作端末の対象になっている場合でも、iOSのバージョンアップが必要になることもあります。

インターネットが接続できる環境であること

また、インターネットに接続できる環境が必要で、特に屋内での利用の場合はWi-Fiに接続できる環境を推奨しています。

エアレジアプリは、誤って削除してしまっても再ダウンロードすることが可能です。

削除前のデータはクラウド上に保存されていますのでデータが消えることはありません。

軽減税率対策対策補助金が適用されるか

なお、軽減税率対策対策補助金が適用されるかは、事前に十分確認してください。

軽減税率制度は平成31年10月1日から実施され、補助金の申請受付期限は2019年12月16日までとなっています。

補助の対象になるかどうかは、エアレジの公式サイトや軽減税率対策補助金事務局が発行する「中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金 申請者様向け手引き」を参照してください。

→軽減税率対策補助金について

申請の際は、対象機器の購入日や購入品目、税抜金額がわかる明細書(領収書等)のコピーが必要ですので、必ず保管しておきましょう。

疑問は解消しておきましょう

その他、エアレジの導入において疑問点がある場合はビックカメラ内の「Airレジ サービスカウンター」にて相談することをお勧めします。

機器の利用方法や故障に備えたサポート・保証、軽減税率の詳細についても相談に乗ってもらえます。

導入についてもう少し検討したいという方は、エアレジ公式サイトから資料請求をすることもできます。

資料請求ももちろん無料ですので、「Airレジ サービスカウンター」が近くにない場合は是非活用してみてください。

導入事例を掲載した資料もありますので、自分の店舗の業種や規模に近い事例を参考にしてみるとイメージも広がりやすいでしょう。

エアレジ導入の注意点
  • iPad・iPhone以外はNG
    iPad・iPhoneでもバージョンによっては対象外なので注意してください
  • インターネットが接続できる環境であること
    WiFiでの接続環境が推奨されています
  • 軽減税率対策補助金が適用されるか
    事前に十分確認しておきましょう
  • 疑問は解消しておきましょう
    ビックカメラのサービスカウンターなどで相談をして理解をしましょう

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • エアレジとはiPhone・iPadにエアレジアプリをダウンロードすることでPOSレジとして付けるサービスです
  • エアレジとエアペイは単独で利用可能です
  • エアレジはアプリなのでiPhone・iPadを持っている場合はすぐに利用できます
  • エアレジの機能は以下の通りで、単なる会計作業だけではなく売れ筋メニューや在庫の確認もできるので売上の拡大や効率的な店舗運営につなげることが可能です
    • 注文入力
    • 会計
    • 点検精算
    • 売上分析
    • 顧客管理
    • 商品管理
    • レジ設定
    • 基本情報設定
    • 決済・予約管理サービスとの連携
    • 会計ソフトとの連携
  • アプリのダウンロードは無料です
  • iPadやiPhone、周辺機器を導入する場合は軽減税率対策補助金を利用しましょう
  • 補助金を受けるには条件が必要です
  • 機器を自身で購入した後に補助金の申請をするので一時的に出費があります
  • 補助金の申請受付期間は2016年4月1日~2019年12月16日です
  • エアペイアプリ→Appストア
  • 周辺機器→ポンパレモール、ビックカメラ.com、Airレジサービスカウンター
  • エアレジの使い方
    1. エアレジをダウンロードする
    2. アプリからAirIDアカウントに登録する(無料)
      • 氏名、メールアドレス、電話番号、店舗情報を入力
    3. エアレジの設定作業
      • 商品名、カテゴリー、価格、税設定
    4. 周辺機器を利用する場合はiPhone・iPadのBluetoothを接続
    5. 正常に動作するかテスト
    6. テストやトレーニングのデータを削除
    7. お釣りの準備金登録、店舗スタッフの設定、担当者設定、準備金の入金
    8. 開店前にレジチェック
    9. 閉店後はレジチェックでドロア内の金額を入力
    10. ジャーナルが印刷される
  • iPad・iPhone以外はNG
    iPad・iPhoneでもバージョンによっては対象外なので注意してください
  • インターネットが接続できる環境であること
    WiFiでの接続環境が推奨されています
  • 軽減税率対策補助金が適用されるか
    事前に十分確認しておきましょう
  • 疑問は解消しておきましょう
    ビックカメラのサービスカウンターなどで相談をして理解をしましょう

きちんと疑問点は相談をしておきましょう。