支付宝(アリペイ)は、中国の電子マネーです。

世界的にも多くの方に利用されているので、日本でも最近流用されています。

スマホのアプリとして活用されており、アプリにお金を課金して、支払い用に使うことができます。

特に多くの方がこれを使いたいと思うのは、中国のアマゾンと言われる淘宝網(タオバオ)の決済に使える方です。

通販が好きな方や中国での買い物をする方は、こういったサイト、あるいは中国国内での使用にはアリペイが最も便利です。

中国での店頭での決済はアリペイが多くの場所で利用できるので、オンラインでも実店舗でもどちらでも活用度が大きいです。

メールなどでの送金も可能です。

当記事では、アリペイの使い方を解説していきます。

記事は下に続きます。

アリペイの使い方

決済の方法と入金の方法を解説してください

端末型・タブレット型、ステッカー型、オンラインのぞれぞれの解説をお願いします。

アリペイの決済と入金は次のような方法で行うことが出来ます。

アリペイの入金

まず入金は、アプリの登録過程で行います。

我的というマイページのような画面に残高という項目をタップしましょう。

次に余額をタップします。

すると現在のチャージ額が表示されます。

その下の充值という項目をタップしましょう。

ここで入金したい金額を入力しましょう。

そして登録したパスワードを入力すればこれで入金完了です。

決済

決済の方法は、2種類あります。

アリペイ決済の方法
  1. 自分のQRコードを見せる
  2. お店のQRコードをスキャンする

1.自分のQRコードを見せる

レジにQRコードが貼られていない店舗などでは、この方法で決済することが多いです。

「付銭」をタップして自分のQRコードを店員さんに読み取ってもらいましょう。

2.お店のQRコードをスキャンする

個人店などではこの方式が多いです。

店頭のQRコードを自分のスマホでスキャンして表示されたページに購入金額を入力しましょう。

日本のクレジットカードで入金不可?

以前は日本人がアリペイを使うには、中国の銀行に口座を開設する必要がありました。

中国銀行や中国工商銀行は日本にも支店がありますが、日本の銀行となるので、これを日本で開設しても利用することができません。

しかし、2019年2月現在ではクレジットカードの登録で入金が可能になりました。

次のような方法で行います。

アリペイを使うまでの手順
  1. アリペイのアプリをダウンロード
  2. アリペイにお金をチャージ

これで簡単にアリペイを日本で利用することが出来るようになります。

1.アリペイのアプリをダウンロード

日本人がアリペイを使うにはアリペイのアプリをダウンロードし、登録をしなければいけません。

ダウンロードの方法としては、アプリーチなどでAlipayと入れて検索すれば出てきます。

iPhoneアプリとAndroidアプリのアイコンからダウンロードする事が可能です。

この時に身分証明の登録が多いほど利用できる金額が多くなるので注意しましょう。

2.アリペイにお金をチャージ

そして日本人がアリペイにチャージする方法としては、クレジットカードや銀行振込でチャージします。

支付鳥(tOriPay)という項目をクリックして、日本円を人民元に両替して支付宝(Alipay)や微信(Wechat Pay)に入金できます。

レートは1日約3回更新されるので見ておきましょう。

そして市場レートから1%の手数料が必要になります。

アリペイ(Alipay)とウィーチャット(Wechat)のチャージ代行サービスというのもありますので、これも注目ください。

こちらのサービスは日本円でも使うことができ、韓国ウォン、アメリカドルなど世界中の主要通貨で直接アリペイ(Alipay)にチャージすることができます。

最近は、このようなクレジットカードで便利に入金できることがうけて、ローソン、ファミリーマート、デパート、ホテルなどで利用できるお店が増えています。

約5万店舗ものお店がすでに利用可能となっており、今後ますます増加するだろうと思われます。

利用の際は金額内なら日本のアリペイを使える店舗で利用できます。

ネットショッピングでの決済にも便利で、こちらもクレジットカードからいつでも決済可能です。

タオバオなどネットショッピングした場合に支払いができ、アリペイ決済を選択することができます。

タオバオなどの人気音ランショップだけではなく、他のショッピングモールでも利用可能なので、中国手でのお買い物が多い方は是非利用しましょう。

日本のクレジットカードで入金不可?
  • 以前は中国の銀行口座がないとアリペイに入金できませんでした
  • 2019年現在はクレジットカードの登録で入金が可能です
  • アリペイを使うまでの手順
    1. アリペイのアプリをダウンロード
      登録時に身分証明の登録が多いほど利用できる金額が多くなります
    2. アリペイにお金をチャージ
      クレジットカードや銀行振り込みでチャージできます

アリペイは認定代理店でも利用可能

ペイペイを導入している店舗では中国人や日本人のアリペイQRコード決済も可能です。

アリペイが利用出来る店舗は、認定代理店として、日本でも全国に展開されています。

全国の大手ショップをはじめとして、なんと40,000店にも及ぶ店舗でアリペイが利用可能です。

アリペイの利用者は、今や5億人にも達したと言われています。

これを受けて、日本でも多くのお店が認定代理店として登録を始めています。

そして、現在中国人観光客が大きく伸びているので、このような海外からの観光客を狙った目的もあります。

急増する日本への中国人旅行者は大きなビジネスチャンスなので、日本の代理店となる大手コンビニ、百貨店、ホテル、電化製品店、レストラン、カフェなど多数あります。

世界の利用ももちろん増えています。

今のところ、サービスを広げ10年以内に20億人の利用者が見込まれています。

そして日本でも順調にアリペイが使える店舗が増えています。

日本は中国人に人気の旅行先として人気です。

最近は空港などでも利用できるようになったので、日本人でも海外に旅行へ行く機会が多い方は活用できる場所が多いです。

そして2020年の東京五輪を見込んで、導入する店舗が今後も増えていく可能性は高いと言えます。

アリペイ認定代理店としては、リクルート、オリックス、NTTDATA、HUNDSUN、JACCS、ORICO、セブンカードサービス、ぐるなび、PAYPAY、アプラスなどがあります。

契約金や登録料するのも簡単で、代理店登録に費用は一切かからないので、加盟するのも手間ではありません。

パートナー登録をすれば企業も簡単に利用できるようです。

例えば、日本国内のローソンでは、支付宝の利用者に購入金額の1~5%のキャッシュバックがあります。

アリババグループのネット通販などでも使える割引券をプレゼントするなどのサービスも実施しています。

このようなサービスは、中国からの観光客が増えるのを狙ったもので、観光客が増える時期限定で行っていることもあります。

支払金額を還元するポイント機能を導入したり、曜日によってポイント加算をするなど、ますますアリペイを使ったことへのメリットを感じさせるサービスが増えています。

溜まったポイントは、ボーナスとして日本や中国のローソンで利用可能です。

ローソン以外でも代理店となったお店での利用への付加価値を付けるお店が増えているので、今後ますますアリペイを利用できる代理店が増えていくことが見込まれます。

もし、お得に買い物したい・中国に旅行する予定があるなどのことがあれば早めに作っておくと便利に活用できるはずです。

アリペイは認定代理店でも利用可能
  • 日本で4万店以上でアリペイが利用可能です
  • アリペイユーザーは5億人にもなります
  • 日本には多くの認定代理店があります
  • 10年以内に20億人のアリペイユーザーがいると見込まれています
  • 日本でも東京五輪があるのでアリペイを導入する店舗が増える予想です

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 以前は中国の銀行口座がないとアリペイに入金できませんでした
  • 2019年現在はクレジットカードの登録で入金が可能です
  • アリペイを使うまでの手順
    1. アリペイのアプリをダウンロード
      登録時に身分証明の登録が多いほど利用できる金額が多くなります
    2. アリペイにお金をチャージ
      クレジットカードや銀行振り込みでチャージできます
  • 日本で4万店以上でアリペイが利用可能です
  • アリペイユーザーは5億人にもなります
  • 日本には多くの認定代理店があります
  • 10年以内に20億人のアリペイユーザーがいると見込まれています
  • 日本でも東京五輪があるのでアリペイを導入する店舗が増える予想です

アリペイの世界進出から目が離せませんね。

上手に利用して、世界の常識から遅れないようにしたいですね。